香肌峡温泉(かはだきょうおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウム・鉄―炭酸水素塩・塩化物泉
効能:慢性リウマチ、神経痛ほか
特徴:櫛田川上流、高見山地の裾野に佇む一軒宿の温泉。鉄分を多く含み、褐色を帯びたにごり湯であることから「香肌の黄金湯」と呼ばれ、湯浴みの後は身体がポカポカとして保温効果抜群。泉質はナトリウム・鉄―炭酸水素塩・塩化物泉で、炭酸を多く含み、慢性リウマチ、神経痛などに効能がある。肌触りもスベスベすることから、美肌効果にも良いと女性に評判が高い。岩造りの露天風呂や、泡風呂、ジャグジーなど湯殿の種類も充実。湯浴みの後は、宿自慢の料理が待っている。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

香肌の黄金湯 松阪牛 一軒宿

香肌の黄金湯

 

松阪牛

 

一軒宿

     
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-05-29
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-05-29
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-05-29
     
拡大   拡大   拡大      
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する