秋の宮温泉郷(あきのみやおんせんきょう)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウム塩化物泉、単純温泉、弱食塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、疲労回復、打ち身、くじき、慢性消化器病
特徴:奈良時代、僧行基によって発見されたと伝えられる秋田県内最古の温泉。江戸時代の元禄15年には、最初の温泉宿が開業。その後、数々の源泉が発見され、各家庭にも温泉を引き始める。現在では、源泉数は約40ヶ所。地域に住居を構える家庭の約7割が温泉を引く。秋田県最南端に流れる雄物川の支流・役内川の上流域に温泉宿が点在し、その数は12軒。泉質はナトリウム塩化物泉や単純温泉など、宿が所有する源泉によって異なる。殆どの宿は日帰り入浴が可能なので、湯巡りをすれば泉質の違いを楽しむこともできる。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

川原毛大湯滝 川原毛地獄

川原毛大湯滝

 

川原毛地獄

         
投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-08-06
  投稿者:ゆこゆこネットさん
投稿日:2007-08-06
         
拡大   拡大          
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する