• このページをシェア

まかど馬門温泉

烏帽子岳麓に湧く古湯

青森自動車道「青森東IC」から車で約40分、野辺地駅よりバスで約20分の野辺地に湧く温泉地。その歴史は古く、起源は今を遡ること1000年前とも500年前ともいわれる。「鶴が傷を癒した」という謂れから別名 「鶴の湯」とも呼ばれ、人々に親しまれてきた。 また、温泉にまつわる諸説も様々。温泉地のある野辺地は源義経一行が辿った「源義経北行伝説」のまぼろしのルートにあたり、義経が入浴したという言い伝えも残る。 また、青森県内の平地では最も積雪量が多い地域としても知られ、「まかど温泉スキー場」は、冬になるとスキーヤーで賑わいを見せる人気のスポット。ホタテの養殖も盛んで、新鮮で捕れたてのホタテが堪能できるのが嬉しい。多彩な魅力が訪れる人を出迎えてくれる。

馬門温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛

烏帽子岳の麓に湧く温泉。発見されて以来、湯治湯として利用されてきた歴史を持ち、近代的な外観が特徴の一軒宿「まかど観光ホテル」が建つ。温泉の泉質はカルシウム硫酸塩泉で、神経痛、関節痛、筋肉痛に効能があり、無色透明で無臭なのが特徴。歴史ある古湯で、日頃の疲れをしっかりと癒したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

青森県上北郡野辺地町

アクセス

  • でお越しの方

    青森東ICから車で約40分

  • 電車でお越しの方

    野辺地駅からバスで約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら