さわんど温泉(さわんどおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

大正池のイメージ画像  

大正池

幻想的な美しさを見せる池

大正4年6月6日、焼岳の大噴火によって梓川の流れがせき止められ誕生した池。上高地の入口に位置し、現在は発電所の貯水池としても利用されている。立ち枯れた樹木が幻想的で、天気の良い日には水面に焼岳や穂高連峰が映り絵画のような美しさを見せる。

 
  • 住所:松本市上高地
  • TEL:0263-94-2221
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

田代池のイメージ画像  

田代池

湿原へと変容しつつある池

湿原の中に湧き出る伏流水により形成されている池。地下に湧泉があるため冬でも全面結氷しないが、霞沢岳や六百山から流入する土砂によって年々浅く小さくなっているという。さらに池の底には枯れ葉などがたまり、徐々に湿原へと姿を変えているとか。水生植物や小さな浮き島が見られ、夏にはイチョウバイカモやニッコウキスゲなどの花が咲き誇る。

 
  • 住所:松本市上高地
  • TEL:0263-94-2221
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

穂高神社奥宮のイメージ画像  

穂高神社奥宮

アルプスの守護神を祭る

安曇野市にある穂高神社の奥宮で、奥穂高岳山頂に天下ったと言われる神話がある。北九州に栄え航海術にも優れた安曇族の祭神で、日本アルプスや、陸海交通の守り神とされている。

 
  • 住所:松本市上高地明神
  • TEL:0263-82-2003
  • 駐車場:なし
  • 入場料:拝観300円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。