湯の里温泉(ゆのさとおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

臼杵石仏のイメージ画像  

臼杵石仏

日本の石造美術の傑作と言われる国宝

平安時代〜鎌倉時代に掛け造られた石仏群。岩肌に彫られた59体の石仏は保全修理が施され1995年に磨崖仏で初めて国宝に指定された。中でも大日如来像は日本の石仏彫刻の傑作の一つとされる。

 
  • 住所:臼杵市深田延内804-1
  • TEL:0972-65-3300
  • 駐車場:あり
  • 入場料:拝観530円

二王座のイメージ画像  

二王座

国の都市景観100選にも選ばれた昔ながらの街並み

武家屋敷や商家、多くの寺が集まった光景など、かつて栄えた面影が色濃く残るエリア。徳川家光の乳母・春日局が住んでいたと伝えられている由緒ある場所だ。坂道と石畳が織りなす、昔ながらの美しい街を散策しよう。

 
  • 住所:臼杵市二王座
  • TEL:0972-63-1111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

野上弥生子文学記念館のイメージ画像  

野上弥生子文学記念館

臼杵が育んだ作家・野上弥生子の直筆原稿などを展示

野上弥生子は、夏目漱石の指導を受けて小説を書き始め、『海神丸』『迷路』『秀吉と利休』など数々の作品を発表した作家。99歳で亡くなるまで現役作家として活躍した。弥生子の生家である小手川酒造に造られた文学記念館では、幼少期からの直筆原稿や遺品など約200点の展示を通して足跡を辿ることができる。

 
  • 住所:臼杵市浜町358
  • TEL:0972-63-4803
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人(高校生以上)300円、小・中学生150円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。