うぐいす谷温泉(うぐいすだにおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

六角堂のイメージ画像  

六角堂

天心が読書と思索に耽った「大波を観るあずまや」

唐代の詩人・杜甫の草堂を模して、岡倉天心が自ら設計した六角形の小堂。太平洋に突き出した断崖に建つ。天心はここに籠もって読書と思索に耽り、あるいは釣り糸を垂れていたという。五浦海岸の外側から見ると数々の奇岩と相まって絶勝。

 
  • 住所:北茨城市大津町五浦727-2
  • TEL:0293-46-0766
  • 駐車場:なし
  • 入場料:200円(茨城大学五浦美術文化研究所のパンフレット購入代として)

茨城大学 五浦美術文化研究所のイメージ画像  

茨城大学 五浦美術文化研究所

岡倉天心のアトリエ跡を利用した研究・顕彰の殿堂

明治を代表する美術研究家・思想家の岡倉天心の住居とアトリエ跡に設置された研究所。天心と近代美術研究のために活用されている。敷地内の「天心記念館」には、平櫛田中作の「五浦釣人」の像や遺品・関連資料を展示。天心旧宅の一部や長屋門、六角堂も保存展示されている。

 
  • 住所:北茨城市大津町五浦727-2
  • TEL:0293-46-0766
  • 駐車場:なし
  • 入場料:200円(パンフレット購入代として)

平潟港温泉のイメージ画像  

鈴木主水屋敷

海一望の丘にそびえ立つ、歴史的建造物

平潟の海を一望できる丘陵に佇む屋敷。別名を「霽雲閣(さいうんかく)」といい、黒木の木戸門、式台付の大玄関、井戸のある庭などが往時を偲ばせる。戊辰の役の際、輪王寺宮(後の北白川宮能久親王)が、休息所として利用したことでも知られている。

 
  • 住所:北茨城市平潟町
  • TEL:0293-43-1111
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

平潟港温泉のイメージ画像  

茂栄丸

平潟港の釣り船に乗ってみよう!

黒潮と親潮が入り混じり、1年を通して釣りが楽しめる平潟港に浮かぶ釣り船。港町ならではの釣り遊びを満喫したい。 ※料金・出港・帰港等は変更の場合も有。予め電話にて要確認。  ※前日までに要予約。

 
  • 住所:北茨城市平潟町
  • TEL:0293-46-2146
  • 駐車場:あり
  • 入場料:氷・えさ付 7,000円

平潟港温泉のイメージ画像  

花園渓谷

新緑の青々しさと、圧倒的なもみじの美しさ

茨城県北部の花園花貫県立自然公園の中にある渓谷。もみじ狩りのスポットとして有名で、紅葉の季節になると渓流沿いの木々が紅や黄色に染まり、滝や早瀬と相俟って素晴らしい美景を見せてくれる。

 
  • 住所:北茨城市華川町花園
  • TEL:0293-43-1111
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

平潟港温泉のイメージ画像  

七ツ滝

岩の上を跳ねるように迫る滝は圧巻

花園神社からさらに奥山へ進んだ所にある滝。急峻な岩の上を跳ねながら眼前に迫ってくる滝は大迫力!

 
  • 住所:北茨城市華川町花園
  • TEL:0293-43-1111
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし

五浦温泉のイメージ画像  

五浦海岸

日本の渚百選に選ばれた海岸は、息をのむ絶景

太平洋の荒波によって侵食されてできた海岸。大小5つの入江が連なり、高さ約50mの断崖絶壁が続く。岡倉天心が愛した地としても知られ、「日本の渚百景」にも選ばれている。

 
  • 住所:北茨城市五浦
  • TEL:0293-43-1111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

五浦温泉のイメージ画像  

茨城県天心記念五浦美術館

日本が誇る画家の歴史と作品に酔いしれる

岡倉天心や横山大観をはじめとする五浦ゆかりの芸術家の作品が鑑賞できる美術館。優れた作品の数々に触れれば、この地を愛した画家たちの熱い想いを感じ取れるはず。

 
  • 住所:北茨城市大津町椿2083 
  • TEL:0293-46-5311
  • 駐車場:あり
  • 入場料:一般180円、高校・大学生110円、小・中学生80円

五浦温泉のイメージ画像  

北茨城市歴史民俗資料館・野口雨情記念館

童謡の名曲に触れ、詩人の生き様に触れる

童謡『赤い靴』『七つの子』『兎のダンス』などで知られる詩人・野口雨情の書や手紙、遺品などを展示。2階は北茨城市とその周辺から集められた古い農具や生活道具などを展示する民俗資料館になっている。

 
  • 住所:北茨城市磯原町磯原130-1
  • TEL:0293-43-4160
  • 駐車場:あり
  • 入場料:300円

五浦温泉のイメージ画像  

野口雨情生家・資料館

日本人の心に生きる童謡を作った詩人の家

1882(明治15)年に生まれ、数々の童謡の名曲で知られる詩人・野口雨情が、生まれてから15歳で上京するまで暮らした家が現存している。正面には海の美しい風景を望み、資料館も隣接。

 
  • 住所:北茨城市磯原町磯原73
  • TEL:0293-42-1891
  • 駐車場:あり
  • 入場料:資料館入館料100円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。