喜連川温泉(きつれがわおんせん)の景色写真館

温泉の特徴

泉質:ナトリウムー塩化物温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、他
特徴:江戸時代の足利氏の城下町として知られる喜連川。温泉が採掘されたのは1981年(昭和56)と比較的新しい。泉質はナトリウム塩化物温泉で、塩分、硫黄、鉄分をバランスよく含み、全国でも珍しい弱アルカリ性。地下1,200メートルまでボーリングして採湯したお湯は、リウマチ、神経症、糖尿病、不妊症の治療に効果があると評判が高い。「日本三大美肌の湯」の一つとしても知られ、多くの女性客が訪れている。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する

こちらのコーナーでは、ゆこゆこネットスタッフおよび、ユーザーの皆様からいただいた写真を紹介しております。
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。あなたの素敵な旅の思い出を、ぜひ投稿してください。

情報の登録がございません
あなたの撮った写真を、ゆこゆこネットで掲載いたします。 写真を投稿する