• このページをシェア

てんとくおんせん天徳温泉

北アルプスの絶景を標高約1010mで楽しむ

長野県の中央部に位置し、江戸時代から中山道や北国西街道の宿場町として発展してきた塩尻市。市内には重要伝統的建造物群保存地区に指定されている区域が2つあり、いずれも趣深い街並みが広がっている。 天徳温泉は片丘と呼ばれる標高約1010mに湧く温泉地で、爽快なロケーションが自慢。露天風呂と展望温泉からは北アルプス、松本平・塩尻を眺めることができる。また高ボッチの山麓に湧く高ボッチ温泉にも近いので、温泉好き な方はそちらに足を延ばしてみるのもよいだろう。 高ボッチ高原は標高約1665mの山の傾斜に広がる高原で、山頂では遠くに富士山まで見渡すことができる。賑やかな市街地観光を済ませたら高台に湧く温泉で一休みして寛ぎたい。

天徳温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉、含鉄泉、酸性泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、皮膚病、打撲、痔疾など

pH2.9、赤茶色の湯。露天風呂と展望風呂からは北アルプス連邦を一望できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県塩尻市

アクセス

  • でお越しの方

    塩尻ICから車で約15分または塩尻北ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

このサイトをシェアされたい方はこちら