函館温泉(はこだておんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

函館山展望台のイメージ画像  

函館山展望台

函館山山頂にある展望台 函館湾と津軽海峡に挟まれるように位置する独特の函館の地形など、函館のシンボルともいえる景色を、標高334メートルの函館山山頂から楽しめる。晴れた日中には津軽海峡や青森の下北半島まで見渡せ、360度のパノラマを見渡せる。山麓駅から展望台のある山頂駅までは函館山ロープウェイで行ける(約3分)。観光自動車道や登山コースもある。

 
  • 住所:北海道函館市函館山
  • TEL:0138-23-3105
  • 駐車場:あり
  • 入場料:ロープウェイ往復1,160円

北島三郎記念館のイメージ画像  

北島三郎記念館

北島三郎の半生を紹介 日本の歌謡界の大御所・北島三郎が、函館で高校時代を過ごしたことに由来し造られた、その栄光の半生を伝える体験型記念館。サブちゃんとデュエットできる3Dカラオケ館や、等身大のブロンズ像との記念撮影も人気で行列ができることも。

 
  • 住所:北海道函館市末広町22-11
  • TEL:0138-26-3600
  • 駐車場:あり
  • 入場料:入館1,500円

手づくりオルゴール工房のイメージ画像  

手づくりオルゴール工房

オリジナルオルゴールを製作できる 1911年(明治44)から約50年もの間、函館郵便局として活躍した歴史的建造物である「はこだて明治館」の2階にある工房で、約50曲あるオルゴールベース(メロディー入り)と飾りのパーツを自由に組み合わせ、オリジナルオルゴールを製作できる。

 
  • 住所:北海道函館市豊川町11-17
  • TEL:0138-27-7070
  • 駐車場:あり
  • 入場料:1,800円〜3,000円前後

函館山のイメージ画像  

函館山

“日本三大夜景”を見下ろす函館のシンボル

標高334メートル、市街のどこからでも見える函館のシンボル。山頂から見下ろす夜景は世界一の美しさともいわれ、“日本三大夜景”の1つ。山頂までは、10分間隔で運行するロープウェイや一般道路のほか、登山散策コースも整備されている。

 
  • 住所:函館市元町19-7
  • TEL:0138-23-3105
  • 駐車場:あり
  • 入場料:函館山ロープウェイ(往復)…大人1,160円、小学生590円

函館朝市のイメージ画像  

函館朝市

函館に朝を告げる威勢ある競りの声

戦後の物不足時代から市民の生活を支えてきた函館の台所。JR函館駅西口周辺に約400軒の市場が軒を連ねる。陸揚げされたばかりの新鮮な魚介類が早朝4時頃から店頭に並び、活きのいい競りの声が響き渡る。朝7時頃からは一般客も集まり始め、昼頃まで多くの人々で賑わう。

 
  • 住所:函館市若松町9-24
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。