• このページをシェア

あじがさわおんせん鰺ヶ沢温泉

約30万年前の化石海水と原生林

1993年に日本で初めてのユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された白神山地と青森県最高峰の岩木山を抱くのが津軽半島の鯵ヶ沢町だ。岩木山周辺には数え切れない温泉地が点在するが、鰺ヶ沢温泉は約30万年前の 化石海水が湧き出した温泉。 2つの宿泊施設が引湯しており、白神山地や岩木山の山岳レジャーを楽しむ人々を癒してきた。周辺には酪農体験や歴史探訪ができる施設、季節によっては「ねぷた祭り」「りんご祭り」など津軽の風土を感じられるイベントもたくさんある。 はまなす公園はシーズン中は「鰺ヶ沢海水浴場」として多くの海水浴客で賑わう。遠浅なので小さな子ども連れでも安心。芝生でくつろいだり木陰で休んだりして、ゆったりと潮風を感じながら過ごすことができる。

鰺ヶ沢温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、痔疾

泉温59℃、天然温泉100%、源泉かけ流し。約30万年前の「化石海水」が温泉となって湧き出した。塩分濃度が高く、保温と保湿に優れ、湯冷めしにくいと定評がある。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

青森県西津軽郡鯵ヶ沢町

アクセス

  • でお越しの方

    大鯵ICまたは弘前ICから約80分

  • 電車でお越しの方

    鰺ヶ沢駅からタクシーで約3分

このサイトをシェアされたい方はこちら