• このページをシェア

しんしゅういいじまおんせん信州いいじま温泉

江戸時代から陣屋が置かれていた飯島町

中央アルプスと南アルプスの二つのアルプスに囲まれている飯島町。江戸時代、信濃国には取り締まりのための代官所が5カ所あり飯島陣屋はそのひとつであった。 1868年(慶応4年)飯島陣屋に伊那県が設置されたが、さまざまな経緯を経て伊那県は廃止になり、陣屋は役目を終えて解体。現在は復元された建物が残る。信州いいじま温泉は、そんな場所にある風情のある温泉宿。 町内の東側には天竜川と伊那街道が平行して走っているので、駒ヶ根・木曽などにもアクセスが良い。派手な賑わいこそないものの穴場なエリアなので南信州観光の拠点にしてゆったりと寛げる。地元の名産物や山海の旬の食材を使った料理に舌鼓をうち、美肌の湯として評判の信州いいじま温泉を心ゆくまで堪能したい。

信州いいじま温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、打撲、痔疾、美肌など

低刺激のとろとろとしたお湯。日帰り入浴可。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県上伊那郡飯島町

アクセス

  • でお越しの方

    松川ICから車で約20分または駒ケ根ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    飯島駅から徒歩約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら