• このページをシェア

おうめいしがみおんせん青梅石神温泉

多摩川のせせらぎの中で癒しの湯浴み

関東山地と武蔵野台地にまたがる青梅市。御岳・奥多摩の観光の拠点に便利な立地。中心部は青梅街道の宿場町として発達し、古くから栄えていた。青梅という地名は、平将門が訪れた金剛寺の中庭にある「将門誓いの梅」 に由来するといわれている。 青梅の中心部からやや離れた場所に位置し、三方を多摩川に囲まれた自然豊かなこの地に湧出する湯は、かすかに「たまご」の香りがしており、諸病に効能があるといわれ評判。また、お肌がつるつるになるといわれる美人の湯としても名を馳せる名湯。 地元である西多摩地区、青梅地区の食材をふんだんに使用した食事を楽しみ、自然に囲まれた癒しの空間のなか、多摩川の清流のせせらぎを聞きながらの湯浴みを楽しみたい。

青梅石神温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、腰痛、疲労、ねんざ、胃腸病、冷え性、高血圧、皮膚病、打撲、糖尿病、痔疾

無色透明。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

東京都青梅市

アクセス

  • でお越しの方

    青梅ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    石神前駅から徒歩約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら