旭川・層雲峡の温泉地(北海道)

 

旭川・層雲峡のすべての温泉地一覧

北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 3

旭岳温泉(あさひだけおんせん)宿一覧を見る

旭岳温泉

標高1,000メートルの「神々の庭」に湧く神秘の湯

北海道のほぼ中央にそびえる巨峰、大雪山の主峰である旭岳の西側中腹、標高約1,050mの高所に湧く温泉。2系統6か所の源泉を持ち、あわせて毎分約1,560リットルの豊富な湯量を誇る。ほんのり緑がかった透明なお湯は、肌ざわりがとてもさらさらしていてクセがなく、誰でもすぐに親しむことができると評判。その泉質の良さを証明するように多くの登山客や観光客に愛され、遠方から繰り返し訪れる人々も多いとか。北海道でも有数の深い原生林の中に湧き出ており、湯浴みとともに森林浴が楽しめるのも大きな魅力だ。

泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩泉ほか 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛など

北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 3

層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)宿一覧を見る

層雲峡温泉

壮大な峡谷の中に広がる道内有数の大温泉街

“北海道の屋根”こと大雪連峰の東麓、黒岳の渓谷に湧き出る温泉。幕末の安政年間に、和人として初めて大雪山系を探検した松田市太郎や松浦武四郎らによって発見されたという歴史を持つ。長らく登山者のための「隠れ湯」的な存在だったが、1950年代になってリゾートとして急成長。今では道南の定山渓や登別などと並び、北海道を代表する温泉地の一つとなっている。60以上もの源泉から湧くお湯は無色透明。弱アルカリ性で刺激が少なく、肌にやさしい湯質から肌の弱い人や高齢者、乳幼児を連れた湯客にも愛されている。開拓者から山男たち、そして観光客へと訪れる人々は移り変わっても、癒しの湯は今もこんこんと湧き続けている。

泉質:単純温泉ほか 効能:皮ふ病、リウマチ、神経痛、切り傷、糖尿病など

層雲閣グランドホテル 露天風呂 貸切風呂 かけ流し 6,480円〜19,980円
ホテル大雪 露天風呂 貸切風呂 かけ流し 7,500円〜21,850円
層雲峡観光ホテル 露天風呂 貸切風呂 かけ流し 7,980円〜22,900円
北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 1

東神楽温泉(ひがしかぐらおんせん)宿一覧を見る

東神楽温泉

旭川空港からのアクセスも良く、大自然の山々に囲まれた温泉地

大浴場露天風呂からは晴れた日には大雪連峰が一望できます。

泉質:単純泉 効能:疲労回復、神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、ストレス解消、便秘、神経まひ リウマチ性疾患、健康増進、美肌効果

森のゆ 花神楽 露天風呂 貸切風呂 かけ流し 6,980円〜15,480円
北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 1

旭川温泉(あさひかわおんせん)宿一覧を見る

旭川温泉

気軽に天然温泉を楽しめるアクセスも便利な駅前温泉

当ホテルの地下1階には、豊富な湯量の天然温泉大浴場の他、気泡風呂やサウナがあり、安らぎの気分を味わうことができます。 大浴場では「あかすり」はもちろんのこと「エステ」や「ボディケア」(マッサージ)も楽しむことが出来ます。またヘルスメーター・電子血圧計も備えております。

泉質:単純泉(低刺激) 効能:疲労回復、神経痛、筋肉痛

北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 0

愛山渓温泉(あいざんけいおんせん)宿一覧を見る

愛山渓温泉

人里離れた大雪山の秘境に湧く温泉

大雪山系に湧く数ある温泉の中でも、上質なことで知られる名湯。温泉の発見は明治時代の終わりごろと伝えられ、一軒宿『愛山渓倶楽部』の裏に湧く源泉がそのまま浴槽へ100%かけ流される。泉質が異なる2種類の湯を混ぜて使っているため、効能も多様。飲泉も可能で慢性消化器病、慢性便秘、慢性胆嚢炎、胆石症、糖尿病、痛風などに効果があるとか。泉温は約45.8度、湧出量は毎分約105リットル。白濁した湯は金属臭があり、塩味と鉄味がする。湯上がりには、さっぱりかつしっとりとした肌を実感できるはずだ。

泉質:ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、五十肩、慢性消化器病、病後回復期疲労回復、健康増進、動脈硬化症、痔疾、慢性皮膚病、きりきず、やけど、冷え性など

北海道の温泉 > 北海道の温泉 > 旭川・層雲峡の温泉
  • 掲載宿数 0

天人峡温泉(てんにんきょうおんせん)宿一覧を見る

天人峡温泉

壮大な渓谷美と名瀑をそなえた深山の名湯

大雪山周辺の温泉群の中でも、層雲峡温泉と並んで古い歴史を誇る温泉。鉱脈探索に訪れた旭川の旅館主人・松山多米蔵が、アイヌの人々から聞いた湧泉の話をもとに明治30年に発見し、3年後に「松山温泉」として開湯した。現在の「天人峡温泉」に名称が改められたのは昭和12年のこと。開湯当初から糖尿病や動脈硬化症への効能で知られた良質の湯は、PH値6.3の弱酸性。湯口では無色透明だが、湯船に溜まると空気にあたり茶褐色または白濁色に変化する。また、さらさらとした硬質な肌ざわりも特徴。温泉地の清涼な気候と相俟って、実に爽快な浴後感を与えてくれると好評だ。

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉ほか 効能:神経痛、胃腸病、五十肩、動脈硬化、糖尿病、痛風、外傷など

 

近隣の都道府県から
温泉地を探す