伊豆・箱根の温泉地

東日本最大のメジャー温泉地帯。熱海、伊東、強羅など、ブランド力の強い温泉が多く、まさに“温泉の都”といえます。

温泉を伊豆・箱根で探す

  1. 全国
  2. 伊豆・箱根エリア

伊豆・箱根地図

箱根 伊豆 関東エリア 東海エリア
ご予約は電話受付も可能です
ゆこゆこ予約センター(通話料無料 8:50潤E21:00受付)
※空室がない場合もコールセンターにてお部屋を探すことができます。
※満室・休館等でご案内できない場合もございますのでご了承ください。
 

伊豆・箱根のすべての温泉地一覧

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 中伊豆の温泉
  • 掲載宿数 1

伊豆天城温泉郷持越温泉(いずあまぎおんせんきょうもちこしおんせん)宿一覧を見る

伊豆天城温泉郷持越温泉

金山から温泉へ。豊かに湧き出す伊豆の新名湯

天城温泉郷のひとつに数えられる温泉。古くは金山として栄えた場所に、100度近い源泉が湧き出る。多数の温泉が湧く伊豆半島でも最も高い泉温の湯で、泉質はナトリウム−塩化物・硫酸塩泉。神経痛から切り傷、消化器病、婦人病、動脈硬化まで幅広い効能を誇る。湧出量も1日約115トンと豊富で、宿だけでなく地元の家々にも配湯。掘削されてから長い年月は経っていないが、伊豆の新たな名湯として評判も上々だ。

泉質:ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉 効能:神経痛、筋肉痛、うちみ、くじき、切り傷、火傷、慢性消化器病、痔疾、冷え性、慢性婦人病、動脈硬化症など

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 東伊豆の温泉
  • 掲載宿数 1

谷津温泉(やつおんせん)宿一覧を見る

谷津温泉

花の香漂う河津の古湯

約1,500年前に僧行基が開湯したと伝えられる歴史ある温泉。ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉の湯は保温効果に優れ、体の芯から温まる。河津町は花の町として有名で、河津桜、花菖蒲、カーネーション、バラなど、色とりどりの季節の花に彩られ、町全体が花の香りに包まれているよう。身も心ものんびりと安らげるリラックス効果抜群の温泉だ。

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 効能:神経痛、胃腸病、婦人病、外傷など

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 伊豆高原の温泉
  • 掲載宿数 1

伊東市赤沢対馬温泉(いとうしあかさわつしまおんせん)宿一覧を見る

伊東市赤沢対馬温泉

愛犬とともに入れる温泉施設。

特徴 : 湯温37.7℃に加温、PH8.6、無色透明。肌の角質をとる美肌効果が期待できる。

泉質 : 単純温泉  効能 : 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、健康増進、病後回復期

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 中伊豆の温泉
  • 掲載宿数 0

天城 月ヶ瀬温泉(あまぎつきがせおんせん)宿一覧を見る

天城 月ヶ瀬温泉

源泉100%かけ流しの温泉と美しい月が出迎えてくれる

にっかつ、月ヶ瀬、嵯峨沢、湯ヶ島、よしな、船原、持越の7つの温泉からなる天城温泉郷の1つ。狩野川の河畔に位置する月ヶ瀬温泉は、かつて川の中州に湯が出ていたことから中島温泉と呼ばれていたという。3本ある源泉のうち、泉温の低い1本は温泉プールとして利用。残りの2本は、一軒宿「旅館月ヶ瀬」で源泉100%かけ流しを楽しめる。

泉質:アルカリ性単純温泉 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、リウマチ、五十肩、腰痛など

  • 掲載宿数 0

奥湯河原温泉(おくゆがわら)宿一覧を見る

奥湯河原温泉

自然に囲まれた閑静なたたずまいの「湯河原の奥座敷」

神奈川南西部、千歳川と藤木川の両岸に沿って細長い温泉街を形成している湯河原温泉の中で、最奥に湧く温泉。お湯は切り傷や火傷などに効能があると言われ日露戦争後、傷を負った兵士たちが療養に滞在したときも好んで利用されたという。湯河原の中心部から約3キロほど奥に入った場所。自然に囲まれ、落ち着いたたたずまいの温泉地だ。

泉質:アルカリ性塩化物泉、ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉 効能:アルカリ性塩化物泉(皮膚病、婦人病、冷え性、胃腸病など)、ナトリウム塩化物硫酸塩泉(切り傷、火傷、皮膚病、婦人病、胃腸病など)

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 伊豆高原の温泉
  • 掲載宿数 0

赤沢温泉(あかざわおんせん)宿一覧を見る

赤沢温泉

新たなリゾート地として今、注目の温泉地

伊東市の南はずれ、伊豆高原のすぐ南の入り江に位置する赤沢温泉。目の前に太平洋を望み、背後に伊豆高原が広がる海と山が同時に楽しめる温泉地。ペンションやコテージか立ち並び、閑静な別荘地の雰囲気を醸し出している。豊かな自然に囲まれて、日頃の疲れを癒す。心やすらぐ余暇に満足できるはずだ。

泉質:単純温泉、硫酸塩泉など 効能:単純温泉(神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復など)、硫酸塩泉(神経痛、筋肉痛、婦人病、健康増進など)

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 下田・白浜の温泉
  • 掲載宿数 0

伊豆白浜温泉(いずしらはまおんせん)宿一覧を見る

伊豆白浜温泉

伊豆半島随一の美浜「白浜海岸」に湧く湯

下田市街から東へ約2km、伊豆八景のひとつに数えられる遠浅の白浜海岸に湧き出る温泉。無色透明の湯は肌をやさしく包みこみ、疲労回復や神経痛、運動機能障害などに効果を発揮する。宿の多くはビーチの側に建ち並び、大浴場や露天風呂から白く広がる砂浜と雄大な太平洋を一望できるのが魅力。早起きすれば海から昇る美しい朝日も楽しめる。また、白浜の名物・アロエを利用したアロエ風呂を備えた宿もあり、血行促進や美肌づくりにぴったり。体を芯から温め、日頃の疲れを癒してくれる良湯を、爽快な海景色と共に味わおう。

泉質:単純泉 効能:リウマチ、神経痛、運動機能障害、疲労回復など

伊豆・箱根の温泉 > 静岡県の温泉 > 中伊豆の温泉
  • 掲載宿数 0

中伊豆温泉(なかいずおんせん)宿一覧を見る

中伊豆温泉

伊豆随一の高い効能を誇る神様からの授かり湯

2002年、一軒宿の「ホテルワイナリーヒル」で新たに発見された温泉。周辺では、古くから「しり湯」「しん湯」と呼ばれる子宝の湯があったと伝えられ、見つかった温泉も肩こり、関節痛、疲労回復などはもちろん美肌をつくると評判だ。縄文時代から数千年におよぶ歴史を持つ中伊豆に、再び湧き出した神様からの授かり湯。湯量も豊富で、源泉かけ流しの湯を楽しめる。「縄文之御神湯」と名付けられた名湯を、じっくりと味わいたい。

泉質:ナトリウム・カルシウム一硫酸塩泉 効能:美肌、運動機能障害回復、神経痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

芦之湯温泉(あしのゆおんせん)宿一覧を見る

芦之湯温泉

江戸時代の文人墨客が愛した風雅の名湯

古くから自然湧出し、山岳信仰の行者たちの湯治場として鎌倉時代の弘安3年(1280)には既に使われていたといわれる歴史長き温泉。時代が下って江戸時代の寛文2年(1662)、勝間田清左衛門があらためて「芦之湯」として一帯を開発し、現在の温泉場としての歴史が始まった。一般的に酸性が多い硫黄系の濁り湯でありながら、コロイド硫黄のアルカリ性を帯びた泉質が珍しい。文化14年(1817)に作られた温泉番付『諸国温泉功能鏡』には東前頭筆頭として登場。箱根七湯の中でも最上位に位置づけられたほど、泉質の良さには古くより定評がある。

泉質:単純温泉、単純硫黄泉、含硫黄‐カルシウム−硫酸塩泉、カルシウム‐硫酸塩泉、ナトリウム‐硫酸塩泉 効能:神経痛、肩こり、腰痛、冷え症、慢性婦人病、糖尿病、慢性皮膚病、うちみ、きりきず、筋肉痛、火傷、糖尿病、痛風、痔、慢性便秘など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

大平台温泉(おおひらだいおんせん)宿一覧を見る

大平台温泉

浅間山の麓、名水の郷に湧くのどかな温泉地

地元の有志たちによって昭和26年に開湯した比較的新しい温泉。現在では「箱根十七湯」のひとつに数えられ、箱根に湧く数多くの温泉の中でも療養型の落ち着いた雰囲気が漂う。無色透明のナトリウム塩化物泉は体を芯から温め、美肌の湯としても人気。最初に湧き出た源泉近くに建つ共同浴場の「姫の湯」は、開湯当初から地元の人たちの憩いの場。源泉掛け流しの贅沢な湯を気軽に堪能できる。また、温泉の持ち帰りも可能で、家庭で天然温泉を楽しむこともできる。

泉質:ナトリウム塩化物泉 効能:冷え性、リウマチ、神経痛、疲労回復など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

木賀温泉(きがおんせん)宿一覧を見る

木賀温泉

お雇い外国人たちにも愛された箱根の秘湯

12世紀末、源頼朝の家臣・木賀善司吉成が重病を癒したことから「木賀」と名付けられたという歴史ある温泉。吉成が苦しんでいると、老僧が現れ「西の方に温泉の地がある。その温泉に入ればきっとよくなるだろう」と進言。その言葉に従い当地に赴くと、老僧の唱えに応じるように温泉が湧き出て、湯に浸かると2週間あまりで病が治ったという。江戸時代には箱根七湯のひとつに選ばれ、最盛期には多くの湯宿が建ち並び賑わいを見せていた。しかし、大火や山崩れなどで次第に衰退。現在は会社の保養地のみが点在する閑静な山の温泉となっている。

泉質:アルカリ性単純温泉、ナトリウム−塩化物泉、ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉、ナトリウム・カルシウム−塩化物泉 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

底倉温泉(そこくらおんせん)宿一覧を見る

底倉温泉

豊臣秀吉も愛した由緒正しい「箱根七湯」の古湯

江戸時代から賑わった箱根七湯のひとつ。明治時代以降に発掘された源泉が多い箱根において歴史が古く、現在で言う「温泉療養センター」に似た灸や食事療法を行う施設の草分け的存在でもあった。源泉数は28、毎分約1,020リットルものナトリウム−塩化物泉がこんこんと湧き出し、「かめ張り」という伝統的な方法で集められている。その多くは南東隣に広がる歓楽的な宮ノ下温泉へと注がれているのだとか。湯上り後はポカポカ感が長続きし、体が芯から温まると評判だ。

泉質:ナトリウム−塩化物泉 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

箱根 宮ノ下堂ヶ島温泉(はこねみやのしたどうがしまおんせん)宿一覧を見る

箱根 宮ノ下堂ヶ島温泉

専用のゴンドラで“千仭の谷”まで降りてゆく秘湯

およそ700年前、南北朝時代の禅の名僧・夢窓国師の開湯と伝わる温泉。「堂ヶ島」の名も国師がここで結んだ庵にちなむという。江戸時代の名編集長・蔦屋重三郎が刊行した箱根の温泉ガイド『七湯の枝折』や歌川広重の浮世絵『箱根七湯図会』にも登場するなど、箱根を代表する名湯のひとつとして古くから親しまれてきた。源泉はすべてかけ流し。俗塵から離れた温泉で、自分だけの空間でせせらぎを聞きつつ湯浴みすれば、真の秘境・秘湯の気分が満喫できる。

泉質:単純温泉、ナトリウム‐塩化物泉、ナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉 効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱体質、リウマチ、神経痛、美肌効果など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

箱根塔ノ沢温泉(はこねとうのさわおんせん)宿一覧を見る

箱根塔ノ沢温泉

ノスタルジックな旅館街と早川沿いの自然がお出迎え

奈良時代の738年に開湯したと言われる歴史長き温泉地。江戸時代からは箱根七湯に数えられ、古き良き温泉文化を今に伝える貴重な温泉地の一つである。泉質は、無色透明で肌にもやわらかなアルカリ性単純泉。早川の渓流を望む湯宿で瀬音を聴きながら湯浴みを愉しめば、この地を愛した明治から昭和の文人達、そして江戸時代の湯治客達の姿が偲ばれる。湯浴みの後は、浴衣姿で旅館街を散策するのもよい。浴衣と下駄の音がよく似合う、レトロな温泉情緒を満喫できるはず。

泉質:アルカリ性単純泉 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、美肌、消化器疾患、痔疾、五十肩など

伊豆・箱根の温泉 > 神奈川県の温泉 > 箱根の温泉
  • 掲載宿数 0

二ノ平温泉(にのたいらおんせん)宿一覧を見る

二ノ平温泉

人気スポット「彫刻の森美術館」近くの素朴な温泉

歴史ある温泉が名を連ねる箱根十七湯の中にあって、昭和38年(1963年)に湧出した比較的新しい温泉。泉質は単純温泉、ナトリウム塩化物泉、硫酸塩泉など様々で、周辺には共同浴場「亀の湯」や立ち寄り温泉「箱根小涌園ユネッサン」など、バラエティーに富んだ温泉施設が点在する。周囲の自然も相まって、のんびり湯浴みを楽しめると好評。美術鑑賞や芦ノ湖遊覧など、箱根レジャーを満喫した後にゆったり湯に浸かり、遊び疲れた身体を癒したい。

泉質:単純温泉、ナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉 効能:火傷、切り傷、慢性婦人病、動脈硬化症、慢性消化器病など

口コミで評判!
伊豆・箱根の温泉地ランキング

実際に宿泊したお客様による、口コミ上位宿の温泉地をご紹介。

総合評価
1位 河津・峰温泉

河津・峰温泉

(静岡県)

2位 蓮台寺温泉

蓮台寺温泉

(静岡県)

3位 伊豆天城温泉郷持越温泉
お風呂が最高
1位 蓮台寺温泉

蓮台寺温泉

(静岡県)

2位 河津・峰温泉

河津・峰温泉

(静岡県)

3位 伊豆天城温泉郷持越温泉
料理に舌鼓
1位 河津・峰温泉

河津・峰温泉

(静岡県)

2位 蓮台寺温泉

蓮台寺温泉

(静岡県)

3位 谷津温泉

谷津温泉

(静岡県)

部屋が素敵
1位 蓮台寺温泉

蓮台寺温泉

(静岡県)

2位 河津・峰温泉

河津・峰温泉

(静岡県)

3位 芦ノ湖畔蛸川温泉

芦ノ湖畔蛸川温泉

(神奈川県)

サービス抜群
1位 河津・峰温泉

河津・峰温泉

(静岡県)

2位 蓮台寺温泉

蓮台寺温泉

(静岡県)

3位 宮ノ下温泉

宮ノ下温泉

(神奈川県)