別府温泉(別府温泉郷)(べっぷおんせん(べっぷおんせんきょう))歴史秘話

別府温泉(別府温泉郷)の概要

阿蘇の火山がもたらした日本一の温泉郷

日本一の規模を誇る別府温泉。別府、鉄輪、明礬、観海寺、亀川、柴石、堀田、浜脇温泉を「別府八湯」と呼ぶ。日本一の湧出量は1日9万5728リットル。源泉数は約2850本。町のあちこちから湯煙が立ち上る。共同浴場約170軒、宿は約1000軒。さらに、存在する11の泉質のうち放射能泉を除く10種類が湧く。もちろん、ほとんどの宿が源泉かけ流し。阿蘇から島原へ続く火山活動によって生じた断層が、別府に豊富な温泉をもたらしたとか。その象徴が「別府地獄めぐり」。赤い「血の池地獄」や青い「海地獄」など、1000年以上も前から噴出しているという9つの“地獄”。別府の町を歩けば、自然の威力にひたすら圧倒される。

別府温泉(別府温泉郷)の情報

住所:別府市 立ち寄り共同浴場数:170件


周辺の宿を見る

別府温泉(別府温泉郷)の周辺観光地の情報

ただいまこの温泉地には投稿がございません。
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。
歴史秘話を投稿する