温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > ゆこゆこ広報がTBSラジオに出演!

「ゆこゆこ広報がTBSラジオに出演!」

「ゆこゆこ広報がTBSラジオに出演! 赤江珠緒さん、山里亮太さんにお話を聞きました!」

 9月24日、TBSラジオ平日午後の番組『たまむすび』の生放送中にスタジオにうかがい、番組パーソナリティでフリーアナウンサーの赤江珠緒さん、火曜担当のパーソナリティである「南海キャンディーズ」の山里亮太さんに、私、ゆこゆこ広報の笠原敦子が取材しました。

 赤江さんの近頃の趣味は、温泉に行くこと。フリーアナウンサーとなり、東京に住むようになってから、東日本にはいろいろな温泉があることに気づき、最初は日帰り温泉に行きはじめたそうです。それから、すっかり「はまってしまった」という赤江アナ。最近行った温泉を聞くと、「先週も栃木の那須湯本温泉にある『鹿の湯』に行ってきました。白濁で昔ながらの温泉場がいいんですよね」と答えてくれました。

1泊2日の旅行で何回お風呂に入るかを聞いたところ、「最低でも4回は入りますね」とのこと。山里さんも「え、1泊2日で?」と驚いていましたが、その内訳は、宿に着いたとき、夕食を食べた後、朝起きたとき、宿を出発するとき。最後は「ふやけてくしゃくしゃです(笑)」という楽しいコメントも。

お気に入りの温泉を聞くと、「ひとつに絞るのが難しい」と言いながら、2つの温泉地を挙げてくださいました。

「“ラムネ温泉”と言われている大分県の長湯温泉は好きですね。炭酸泉で、シャンパンの中に入ったみたい。わたし、きれいだなと思って入っていたんです。そしたら横のおばちゃんが『水ぼうそうみたいね』って言って、ちょっと気分が変わったんですけどね(笑)。炭酸だから、体がポカポカ温まります」

もうひとつは、“目薬の湯”という別名もある新潟県の貝掛温泉。昔から目にいい温泉として有名で、昭和初期まではお湯を目薬として売っていたという話もご存じでした。

 赤江さんは、温泉に入るとこんな気持ちになるそうです。

「体から地球のエナジーを吸い上げているような感じになるんです。じわーっと。河童じゃないけどね、お皿の部分にお湯を浸しとこうっていう気分になる。力がもらえる気がして」

 山里さんに「河童じゃないよね?」と突っ込まれていた赤江さんにスタジオは爆笑でしたが、赤江さんはテレビで見るより、本当はもっと“天然”な人なのかもしれません。

そしてやはり、相当の温泉好きのよう! ぜひ、「温泉ソムリエ」の認定講座を受けて、専門知識を得ることをおすすめしました。

この時の様子は、TBSラジオの公式ホームページでもご覧いただけます。チェックしてみてくださいね。

【関連リンク】
TBSラジオ『たまむすび』公式HP
http://www.tbsradio.jp/tama954/

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット