温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > 温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉での正しい入浴法は?

温泉に正しい入浴法というものはなく、ご自身がリラックスして心地よく楽しむことが一番です。 ここでは参考までに、日本人がもっとも気持ちよく感じるといわれる42℃の温泉での、 体への負担を抑える入浴方法「分割浴」の手順をご紹介します。

1.湯船のお湯で「かけ湯」をしましょう 浴場に入ったら、まずはかけ湯で体を流しましょう。温泉の刺激は強いので、いきなりボディーソープや石鹸で洗わず、汚れを落とす程度でOKです。 かけ湯には、お湯の温度や温泉の刺激に体を慣らす意味もあるんです。手・足など、心臓から遠いところ順に、肩に向かってお湯をかけましょう。

2.3分程度の入浴(内湯) まずは内湯を楽しみましょう。

3.頭を洗う お湯に浸かってじっくり温まりたいところですが、体への負担を抑えるためにも一度お湯から出て休憩。頭を洗いましょう。

4.3分程度の入浴(内湯or露天風呂) 再びお湯に浸かりましょう。露天風呂を楽しむのもよいでしょう。

5.体を洗う 休憩を兼ねて体を洗いましょう。温泉の成分には肌の角質をとったり毛穴の汚れをとったりする効果のあるものが多いので、 タオルでゴシゴシこするとかえって肌を傷めることになります。ボディーソープや石鹸を手でとりそのままその手で優しく洗いましょう。 「酸性泉」など特に刺激が強い温泉では、あえて肌の角質を残して入浴した方がよいので、ボディーソープや石鹸を使う必要はないでしょう。

6.3分程度の入浴(内湯or露天風呂) 内湯、露天風呂、お好みのお湯に浸かって体を温めましょう。

7.湯口の新鮮な温泉で「あがり湯」 温泉成分は、入浴後も3時間は皮膚からの浸透効果が持続します。シャワーで流してしまうのはもったいない!あがり湯をするなら、 湯口から注ぐ新鮮なお湯を使うのがオススメです。 ただし、「酸性泉」「硫黄泉(特に硫化水素型)」などの刺激の強い温泉では、普通のお湯であがり湯をしてください。

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット