温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > 温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

飲める温泉ってどんなもの?

都道府県の許可を得た上で「飲泉所」が設置されている温泉であれば、そのお湯を飲むことができます。
飲む際は、脱衣所に貼られている「温泉分析書」に目を通しましょう。 下記は、一般的に「温泉分析書」に併記されている注意事項です。

1.飲用の許可があることを必ず確認し、できる限り温泉療法医の指導を受けましょう。

2.飲用には温泉湧出口の新鮮なものを用い、1回量は一般にコップで一杯程度。 1日の量はおおむね200〜1,000ミリリットルまでとします。 ただし、酸性泉やナトリウム塩化物泉などは、泉質濃度によって減量や希釈します。

3.一般に飲泉は食前30分〜1時間前または空腹時がよく、夕食後から就寝前はなるべく避けましょう。

4.鉄泉、放射能泉、ヒ素、沃素、臭素を含有する温泉は、必ず飲用の許可を確認すること。 また、これらの飲用直後には、お茶、コーヒーは飲まないようにしましょう。


浴用と同じく、飲泉にも「禁忌症」(=控えた方がよい疾患・症状)があり、一般的には 「腎臓病」「高血圧症」「一般にむくみがあるとき」「甲状腺機能亢進症のとき」「ヨウ素を含有する温泉」「下痢のとき」 がこれに当たります。
また、循環温泉の場合、循環で再利用した温泉に塩素系殺菌剤などが混入したまま温泉湧出口から出ている場合もありますので、 飲泉に十分注意をしましょう。
以上のことに気をつけて、「飲泉」を楽しみましょう。 ただし、温泉には刺激があるので、飲泉には十分な注意をはらわなければいけません。 1回の飲泉量は100〜200ml程度にとどめ、ゆっくり少しずつ飲むとよいでしょう。

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット