温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > 温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

温泉ソムリエがお答え!温泉Q&A

仲居さんへの心づけは必要?

本来「心づけ」とは、仲居さんなどへお世話になるお礼の気持ちとして渡すものです。あくまで「気持ち」であるので、渡さなければいけないという決まりはありません。そもそも旅館の宿泊料金には「サービス料」が含まれていることがほとんどなので、「心づけ」は不要といえます。 ただし、一般的なサービスを超えた対応をしてもらったときには、「心づけ」を渡した方がよいでしょう。 例えば、このような場合…

■案内された部屋を、「気に入らない」という理由で追加料金なしでグレードの高い部屋に変更してもらった
■宴会に飲み物を持ち込んだが、持込料をサービスしてくれた
■怪我などのため歩くことが困難で、移動するたびに仲居さんの力を借りた
■子供が部屋の障子紙を破いたり、おねしょなどで寝具を汚してしまった

上記のようなときに、仲居さんや宿のご主人などお世話になった方に対し、感謝の気持ちとして渡すものが「心づけ」であると覚えておきましょう。

心づけの相場は、人数・宿泊料金・お願いをする内容によって異なりますが、1・2・3・5の切れのよい金額で渡すとよいとされています。2,000円、3,000円、5,000円程度が一般的ですが、3,000円という場合が多いようです。

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット