温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > 暑い夏におすすめ!ぬる湯に入れる宿

「温泉ニュース テーマ別 暑い夏におすすめ!ぬる湯に入れる宿」

「暑い夏におすすめ!ぬる湯に入れる宿」

ぬる湯には、「副交感神経」を刺激し気分を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。 胃腸の働きをよくしてくれるので、食欲もアップ。夏バテの身体におすすめです!寝苦しい夜にぐっすり睡眠をとるために、寝る前に入浴するのもよいでしょう。

群馬県 【川古温泉 浜屋旅館

■ぬる湯:約36度〜37度

利根川に注ぐ赤谷川の上流、その渓谷に面して建つ川古温泉の一軒宿。「川古の土産は一つ杖を捨て」(川古の湯に入れば、杖がいらなくなる)と詠われるほど、湯治の名湯として知られ、神経痛、リウマチなどの湯治客を、今もなお集めている。柔らかな肌触りでぬるめの温泉での「持続浴」という長時間入浴法が有名で、1日5〜8時間程度の入浴で7日程度入ると、その効果を実感できるようになるといわれている。

山梨県 【下部温泉くつろぎの宿 裕貴屋

■ぬる湯:約32度

「信玄公の隠し湯」としても知られる名物・洞窟岩風呂は下部温泉特有の冷泉が湯船の底からふつふつと湧き出る神秘的な光景を見ることができる。高温の新源泉を使った「七福七宝の湯」、富士山溶岩浴が可能な貸切風呂なども楽しめる。

山梨県 【下部温泉健康・旬彩の宿 ホテル守田

■ぬる湯:約32度

竹炭をあしらった竹炭風呂「守の湯」、大浴場「南天の湯」、貸切風呂「アクア」でぬる湯が楽しめる。(「守の湯」「南天の湯」は時期により加温)また、加温したあつ湯も設置されているので、ぬる湯と交互に楽しむことができる。

山梨県 【下部温泉湯元ホテル

■ぬる湯:35度前後

「あつ湯」「ぬる湯」2種類の湯船があり、のんびりと湯浴みを楽しめる。全浴槽源泉かけながしで、PH8.62の下部の名湯を堪能することができる。

長野県 【角間温泉岩屋館

■ぬる湯:36度前後

泉質は珍しい炭酸泉。49℃で湧出しているが、地表に出ると炭酸が気化し、熱を奪い36℃前後のぬる湯となる。炭酸泉に含まれる微量に鉄分は時間につれて酸化し、茶褐色の色を帯びていく。温泉に含まれる微粒子の炭酸が血流を良くし、疲れた体を優しく癒してくれる。角間渓谷は『森林浴の森』100選にも選ばれており、宿の周辺では四季折々、独特な景色を眺めることができる。

静岡県 【畑毛温泉伊豆畑毛温泉 大仙家

■ぬる湯:約30度〜33度

泉質の異なる2種類の温泉は低い温度が特徴で、じっくり浸かると湯冷めしにくく、高血圧や神経痛などに効能が高いと言われている。

静岡県 【畑毛温泉長生きの湯 富士見館

■ぬる湯:約30度〜33度

源泉温度は30.7度。その他、加温した湯と合わせて3つの湯船に分かれているので、好みの湯を選んで楽しむことができる。

和歌山県 【日置川温泉リヴァージュ・スパひきがわ

■ぬる湯:約34度〜36度

関西屈指のpH値10.1の強アルカリ泉は誰もが実感する「美肌の湯」。日置川・志原海岸の地底から湧き出る天然温泉をそのまま温浴場に引いた「渚の湯(源泉湯)」は加水をしないかけ流し100%のピュアなお湯。少しぬるめの34〜36度で、高い美肌効果と湯冷めしにくいのが自慢。

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット