温泉宿/旅館の予約トップ > 温泉ニュース > 新撰組ゆかりの宿・温泉地

「新撰組ゆかりの宿・温泉地」

「新撰組ゆかりの宿・温泉地」

3月13日は「新撰組の日」。新撰組副長・土方歳三や六番隊長・井上源三郎の出身地である東京都日野市観光協会が制定しました。1863(文久3)年のこの日、京都・壬生に詰めていた新選組の前身「壬生浪士組」に、会津藩主で京都守護職の松平容保から会津藩預りとする連絡が入り、新選組が正式に発足した日がこ3月13日であることが由来なのだそう。
新撰組とゆかりの地といえば京都ですが、じつは宿や温泉地もあるんです!「聖地巡礼」して彼らに思いを馳せるのはいかがでしょう?

新撰組ゆかりの宿

北海道 函館元町ホテル

幕末には英国・仏国の領事館、箱館戦争時は「土方歳三」の箱館市中取締就任にともない箱館警備の任に就いた新選組の屯所であった跡地に建つホテル

新撰組ゆかりの温泉地

福島県【東山温泉

新撰組副長・土方歳三が宇都宮の戦いで足を負傷した際、傷に良く効くとされる東山温泉で療養したと言われている。東山温泉のある会津若松市内の天寧寺には、土方が近藤の遺体の一部を葬ったとされる墓がある

ゆこゆことは

「ゆこゆこネット」は、株式会社ゆこゆこが運営する宿泊予約サイトです。季節ごとの特集やお客様の口コミ評価に基づくランキング、テーマ別特集などの各種コンテンツで、お手頃価格の温泉旅館を中心に 充実の宿泊プランと温泉情報をご案内しております。

こだわりお風呂検索|温泉・宿・予約ならゆこゆこネット