温泉旅館/宿/ホテルの予約トップ > 旅の知恵袋 > 草津温泉

草津温泉

ゆこゆこ旅の知恵袋

ヤフー知恵袋に掲載されている情報の中で、旅行に関する質問&回答を掲載。質問された旅の情報に関係するゆこゆこのページもご紹介

草津温泉

【質問】:草津温泉

那智勝浦温泉、白浜温泉、いわき湯本温泉はなぜ火山フロントの外側にあるのに高温の硫黄泉が沢山湧き出てくるんですか。 それに対して同じ火山フロント外の北海道日高山脈、岩手県三陸、高知県あたりの場合は異常に地温が低い傾向がありますよね。 なぜこんな差があるんですか。 特別な岩盤かなんかあるんでしょうか? 以前南紀勝浦のホテル浦島に泊まったことがあったのですが、草津の湯畑並みに硫黄臭がきつかったです。

【回答】:草津温泉

紀伊半島の温泉に関して最近の学説をご紹介します。いわきの方は知りません。 紀伊半島の温泉は火山フロントより海溝側にあるにもかかわらず、高温であるだけでなく、ヘリウム同位体比(3He/4He)が大きいということが以前から知られています。これはマントル由来の物質が混入していることを示唆しています。しかし、温泉水自体はもともとは天水(雨水)に由来することがわかっています。それと、紀伊半島の地下30kmくらいのところに電気伝導度の高い部分があることがわかっており、そこに水があるのではないかと解釈できます。 これらのことを総合的に考えると、以下のような解釈になります。沈み込むプレートのマントル部分から水分が抜けて上昇して浅いところまでやってきます。この水は深いところから来ていますから高温です。この水が熱源となって天水由来の地下水を暖めて温泉ができます。一方、深部起源の水からヘリウムなどの成分が何らかの過程で地下水に紛れ込んでヘリウム同位体比が大きくなります。 というわけで、火山の近くの温泉がマグマを熱源としているのに対して、紀伊半島の温泉は深部由来の熱水を熱源としているものと考えられます。 参考文献 Umeda et al (2006) Journal of Volcanology and Geothermal Research, 149, 47-61.