温泉旅行の「ゆこゆこ」トップ > 国内旅行 > 全国のお花見旅行特集 > 椿名所巡り

【全国のお花見旅行特集】椿名所巡り

ゆこゆこネット 椿花見旅行!! 椿名所巡り 【椿(ツバキ)】:ツバキまたはヤブツバキは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
椿は古くから日本人に愛されてきた花のひとつ。
冬から春にかけて咲き、代表的な赤から白、さまざまな品種改良を経て現在では2,200種以上を数える。
凛とした可愛らしい椿を愛でにお出かけしよう。

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 甲信越
  • 北陸
  • 東海
  • 伊豆箱根
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州

東北の椿スポット

岩手 世界の椿館・碁石
椿の風景一例

この椿名所の見所:
国内最大規模の屋内施設に日本を含む世界13ヵ国の椿600種700本を植栽展示。「椿まつり」には苗木や椿油などが販売される。

世界の椿館・碁石の見頃:例年1月中旬〜3月
所在地:〒022-0001 岩手県大船渡市末崎町大浜
世界の椿館・碁石のスポット情報:
大船渡市は太平洋岸でヤブツバキの実が採れる北限で「椿の里」と呼ばれている。「椿館・碁石」は屋内施設としては国内最大規模の1,367.5平方メートル。植栽展示されている椿は世界13ヵ国の600種700本。10月から咲き始め、最盛期の1月中旬から3月に、色とりどりの椿が華麗に咲き誇る。この時期に「つばきまつり」が開催され、椿の苗木、椿グッズ、椿油、鉢植えなどが販売される。

宿を探す
東北の椿

▲ページの先頭へ戻る

関東の椿スポット

神奈川 氷室椿庭園
椿の風景一例

この椿名所の見所:
元は個人の所有だった茅ヶ崎市の住宅街の庭園。200種以上の椿が咲き競っている。一重ラッパ咲きの「氷室雪月花」が特に人気。

氷室椿庭園の見頃:例年2月下旬〜3月下旬
所在地:〒253-0054 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南3丁目2
氷室椿庭園のスポット情報:
三井不動産の元副社長・氷室 捷爾氏夫妻の庭園が茅ヶ崎市に寄贈され、平成3年10月に椿園として開園。閑静な住宅街にある約2,800平方メートルの敷地に椿や松、バラなど1,300本もの庭木が植えられている。椿は200種以上あり、八重咲き、一重咲きなどさまざまな咲き方の椿が美しさを競っている。中でも白や淡桃色の地に紅色の絞りが入った、一重咲きの華麗な「氷室雪月花」が特に人気。

宿を探す
関東の椿

▲ページの先頭へ戻る

四国の椿スポット

徳島 椿自然園
椿の風景一例

この椿名所の見所:
橘湾を見下ろす約1.5ヘクタールの傾斜地に700種3千本の椿が植えられている。見頃の3月には「徳島ツバキ祭り」が開催される。

椿自然園の見頃:例年3月
所在地:〒779-1750 徳島県阿南市椿町瀬井45
椿自然園のスポット情報:
室戸阿南海岸国定公園に指定されている半島の頂上にある阿南市椿町瀬井の自然園。約1.5ヘクタールの傾斜地に内外約700種3千本の椿が植えられている。橘湾の青い海を見下ろす雄大な自然の中で、鮮やかに咲く椿を見るのは格別。開花がピークとなる3月には「徳島ツバキ祭り」が開催され、苗木の販売、栽培方法の指導などが行われる。園内の施設では地元の新鮮な魚介類も食べられる。

宿を探す
四国の椿

▲ページの先頭へ戻る

九州の椿スポット福岡 久留米つばき園

椿の風景一例

この椿名所の見所:
約500品種2千本の椿の中には樹齢100年に及ぶ名木、貴重な園芸品種、原種椿が数多くある。開花期に「久留米つばきフェア」開催。

久留米つばき園の見頃:例年3月中旬〜4月上旬
所在地:〒839-0835 福岡県久留米市草野町草野546-1
久留米つばき園のスポット情報:
3ヘクタールの敷地に約500品種2千本の椿が植えられ平成20年に開園。白玉宝珠、太郎冠者など樹齢100年に及ぶ名木や、貴重な園芸品種、原種ツバキが数多く揃っている。平成22年3月に開催された「国際ツバキ会議久留米大会」で、「石橋文化センターつばき園(久留米市野中町)」とともに「国際優秀つばき園」に認定された。開花期に合わせて「久留米つばきフェア」が開催されている。

宿を探す
九州の椿

▲ページの先頭へ戻る