温泉旅館/宿/ホテルの予約トップ > 国内旅行 >全国のお花見旅行特集 >梅まつり名所巡り

梅まつり名所巡り

ゆこゆこネット 梅まつり花見旅行 梅まつり名所巡り

桜に並んで春を代表する梅の花を楽しめる、日本各地の梅まつりを大特集!
全国で約300種類と様々な種類があり、
見た目に加えて香りも楽しめる梅が広がる梅園・梅林の梅まつり。
梅まつりを満喫する旅行を楽しむなら、ゆこゆこネット「梅まつり特集」で!

伊豆・箱根の梅まつりスポット

静岡県熱海市 熱海梅園

梅の見頃:

例年1月下旬〜3月上旬
(第一号の開花は例年11月下旬〜12月上旬開花)

熱海梅園の所在地:

〒413-0032 静岡県熱海市梅園町1169-1

熱海梅園のスポット情報:

2016年1月9日(土)〜3月6日(日)は第72回熱海梅園「梅まつり」開催!園内には59品種、472本の梅が咲く。中には1本の木に赤・白の花が咲く「思いのまま」も。好きな梅を探してみよう。散策に疲れたら足湯で一息! 祭り期間中は甘酒の無料サービス、ミス熱海との記念撮影会も開催される。同時期に開花する「あたみ桜」と合わせて、熱海で一足早い春を楽しもう。

【 この梅名所の見所】

59品種、472本の梅が咲き誇り 早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花。梅まつり期間中はさまざまな梅が愛でられる。

伊豆・箱根のうめ

▲ページの先頭へ戻る

関東の梅まつりスポット

埼玉県入間郡 越生梅林

梅の見頃:

例年2月下旬〜3月下旬

越生梅林の所在地:

〒350-0406 埼玉県入間郡越生町堂山地内

越生梅林のスポット情報:

例年2月下旬〜3月下旬は『越生梅林 梅まつり』開催!
越生梅林は関東地方屈指の梅林である。この梅林は越辺川をはさんで梅園神社の対岸にあるが、約2ヘクタールの梅園内に1,000本程の梅が植えられている。そのうちのほとんどは戦後に植えられたものだが、中には600年以上経っているといわれる古木もあり、人目をひく。梅まつり開催期間中は様々な催しや特産品の販売などが行われる。

【 この梅名所の見所】

約600年前に植えられた古木を含め、白加賀、越生野梅、紅梅など約 1,000本の梅の木が愛でられる。

茨城県水戸市 偕楽園

梅の見頃:

例年2月下旬〜3月下旬

偕楽園の所在地:

〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1-3

偕楽園のスポット情報:

2016年2月20日(土)〜3月31日(木)は「水戸の梅まつり」開催!日本三名園の一つである偕楽園は、梅の公園としてその名は全国に知られている。現在約100品種、3000本の梅が植えられており、2月下旬ごろから紅白の花を楽しませてくれる。また開花期の梅まつりは、全国からの観光客でにぎわう。

【 この梅名所の見所】

夜梅祭:偕楽園常盤神社で開催!幻想的なライトアップとイベントが開催される。

茨城県つくば市 筑波山梅まつり

梅の見頃:

例年2月下旬〜3月下旬

筑波山梅まつりの所在地:

〒300-4353茨城県つくば市沼田

筑波山梅まつりのスポット情報:

例年2月下旬〜3月下旬は「筑波山「梅まつり」」開催!筑波山中腹に位置し、4.5haの園内に紅梅・白梅・緑がく梅などが植えられている。園内のいたるところに筑波石の巨岩が散在し、梅とのコントラストは見事。筑波山「梅まつり」の梅林の入場は無料!(駐車場/有料)。梅茶サービスやスタンプラリー、日曜には筑波山名物ガマの油売り口上・野点茶会などの催しがある。

【 この梅名所の見所】

「展望四阿」「富士見橋」「見返り縁台」「かねおれ橋」「せせらぎ橋」「菱露台」などの景観から楽しめる

関東のうめ

▲ページの先頭へ戻る

関西の梅まつりスポット

兵庫県たつの市 綾部山梅林

梅の見頃:

例年2月中旬〜3月下旬頃

綾部山梅林の所在地:

〒671-1301 兵庫県たつの市 御津町黒崎1391-2

綾部山梅林のスポット情報:

例年2月中旬〜3月下旬頃は、綾部山梅林が見頃を迎える。
24haの丘陵に2万8000本の梅が植えられ、ひと目2万本、海の見える梅林としてもおなじみとなった。歌人、俳人の歌碑等も多く建立されている。また梅園内に古墳も出土した。綾部山梅林の春陽、早春の風に早咲きの紅梅が咲き始め、やがて一番美しい白梅の香り漂う満開の季節となる。

【この梅名所の見所】

平成28年2月20日〜3月21日に『綾部山梅林観梅』が開かれる。俳句大会や写真コンテストなど賑やかな雰囲気の中、梅見をゆるりと楽しみたい。

滋賀県大津市 叶匠壽庵 寿長生の郷 梅林

梅の見頃:

例年2月下旬〜3月下旬頃

叶匠壽庵 寿長生の郷 梅林の所在地:

〒520-2266 滋賀県大津市大石龍門4丁目2−1

叶匠壽庵 寿長生の郷 梅林のスポット情報:

例年2月下旬〜3月下旬頃は、叶匠壽庵 寿長生の郷の梅林が見頃を迎える。
大石龍門の丘陵地に広がる和菓子の里。なだらかな丘陵地に植えられた、約千本の城州白梅は真っ白な絨毯を広げたような景観。のんびりと散策した後は限定和菓子とお抹茶で憩いのひとときを愉しめるのも「叶匠壽庵 寿長生の郷」ならでは。梅だけでなく桜、牡丹、椿等季節の美しい花々を見る事もできる。

【この梅名所の見所】

例年3月に「花の宴 梅まつり」が開催される。和菓子の里らしく寿長生の郷でしか味わえない限定菓子や和菓子バイキングは必見。一度は訪れたい。

和歌山県日高郡 南部梅林

梅の見頃:

例年1月下旬〜3月上旬

南部梅林の所在地:

〒645-0022 和歌山県日高郡みなべ町晩稲香雲丘

南部梅林のスポット情報:

例年1月下旬〜3月上旬にかけて南部梅林が開園! 南部川に沿って広がるなだらかな山の斜面に見渡す限りの梅林は名実共に日本一。白くかわいい花が山一面を飾る早春には全国から観光客でにぎわい、メジロやウグイスの美しい歌声も聞こえ、開園期間には、観梅くじや梅林太鼓の演奏、梅の種とばしに梅供養など、様々な催しもあり梅を愛でながらも楽しめる。

【 この梅名所の見所】

なだらかな山々に見渡す限り続き、「一目百万、香り十里」と謳われる香り高い梅林。

京都府京都市 北野天満宮 梅苑

梅の見頃:

例年2月上旬〜3月下旬

北野天満宮 梅苑の所在地:

〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

北野天満宮 梅苑のスポット情報:

例年2月上旬〜3月下旬は、北野天満宮 梅苑 開園!
祭神菅原道真公の命日にあたる2月25日には『梅花祭』が行われる。梅の花をこよなく愛でた道真を偲び、梅花を添えた神饌を供える春の行事。約900年続く伝統的な祭典である。宝物殿も特別に公開し、境内では野点の席が設けられ芸妓の華やかな野点茶会が開かれる(有料)。普段とは違う境内で梅を愛でるのも乙な楽しみかただ。

【 この梅名所の見所】

例年3月に「花の宴 梅まつり」が開催される。

京都府城陽市 青谷梅林

梅の見頃:

例年2月中旬〜3月中旬

青谷梅林の所在地:

〒610-0113 京都府城陽市中

青谷梅林のスポット情報:

例年2月中旬〜3月中旬は、青谷梅林開園!
城陽の春は梅の香りとともに訪れ、青谷東部のなだらかな丘陵地に広がる青谷梅林は2月中旬から3月中旬にかけ1万本の梅が咲き誇る。古く鎌倉時代には梅林があったことが知られており、多くの歌に詠まれてきた。青谷梅林でしか見られない城州白の品種は香りがよく芳しい梅の香りが楽しめる。

【 この梅名所の見所】

城州白、白加賀梅、小梅(オタフク・ダルマ)約1万本の花梅。

関西のうめ

▲ページの先頭へ戻る

東海の梅まつりスポット

愛知県名古屋市 名古屋市農業センター しだれ梅まつり

梅の見頃:

例年2月下旬〜3月中旬

名古屋市農業センター しだれ梅まつりの所在地:

〒468-0021 名古屋市天白区天白町平針黒石

名古屋市農業センター しだれ梅まつりのスポット情報:

2016年2月25日(木)〜3月21日(月・休日)は、名古屋市農業センター しだれ梅まつり 開園!
12品種約700本のしだれ梅が植栽され、しだれ梅園としては国内有数の規模を誇ります。緑萼枝垂(りょくがくしだれ)、満月枝垂れなど白梅が4種、呉服枝垂(くれはしだれ)など紅梅が8種。一重咲き八重咲きの梅が豊かに垂れかかる小道を歩くと、梅の甘い香りに包まれ、雅な色彩の波間に漂うような心地にさせてくれます。開花中は「しだれ梅まつり」が開催され、青空市、小動物ふれあい広場、展示会、大道芸などが行われる。

【 この梅名所の見所】

国内有数の枝垂れ梅園。白梅4種、紅梅8種の枝垂れ梅、約700本が咲き競う

三重県いなべ市 いなべ 梅まつり

梅の見頃:

例年3月上旬〜下旬

いなべ 梅まつりの所在地:

〒468-0021 三重県いなべ市藤原町鼎3071番地 梅林公園

いなべ 梅まつりのスポット情報:

例年3月上旬〜下旬は、いなべ 梅まつり 開園!
東海地区最大級38ヘクタールの梅林公園には、実梅を中心とした広大な梅林と、約100種4,500本の花梅を中心とした庭園があり、農業体験のできる農園付宿泊施設クラインガルデンが8区画、ブルーベリー園、展望広場、堆肥化施設などがあります。鈴鹿山脈を一望できる高地にあり、美しい眺望と梅の花がよく似合います。梅まつりには梅をテーマにした短歌や写真のコンテストが開催され、梅の苗木や土産物なども販売されます。

【 この梅名所の見所】

鈴鹿山脈を一望する広大な高地にあり、約100種、4,500本の梅が美しく映えます。梅まつりには梅をテーマにした短歌や写真のコンテストがあり、梅の苗木や土産物などが販売されます。

東海のうめ

▲ページの先頭へ戻る

九州の梅まつりスポット

福岡県太宰府市 太宰府天満宮 梅まつり

梅の見頃:

例年2月上旬〜3月下旬

太宰府天満宮 梅まつりの所在地:

〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4-7-1

太宰府天満宮 梅まつりのスポット情報:

例年2月上旬〜3月下旬は、太宰府天満宮 梅まつりが見頃!
学問の神様、菅原道真で有名な太宰府天満宮には、196種、6,000本ほどのウメがある。中でも本殿に向かって右の枝ぶりのよい白梅は、道真が京を去るとき、ウメに名残りを惜しんだため、道真を慕って太宰府に飛んできた、と言われていることから、「飛梅」と呼ばれ、毎年ほかのウメに先がけて開花する。

【 この梅名所の見所】

梅の香りが溢れる2月は、短歌、俳句、川柳の大会が開催。

九州のうめ

▲ページの先頭へ戻る

北海道の梅まつりスポット

北海道札幌市 平岡公園梅林 梅まつり

梅の見頃:

例年5月上旬〜5月下旬

平岡公園梅林 梅まつりの所在地:

北海道札幌市清田区平岡公園

平岡公園梅林 梅まつりのスポット情報:

例年5月上旬〜5月下旬は、平岡公園梅林 梅まつり 開園!
札幌市中心部から11kmほど南東にある平岡公園の梅林は、6.5ヘクタールの敷地の中に約1200本の梅が植栽されています。北海道の春は遅いので、開花は桜と重なる5月上旬ごろの2週間ほど。平岡公園の梅は梅とアンズの自然交雑種の豊後性(ぶんごしょう)と呼ばれる品種で、紅梅と白梅の割合は4:6。甘い香りの大きな花の梅は、桜に負けない人気で、開花中の「梅まつり」には14〜20万人もの人が訪れます。

【 この梅名所の見所】

平岡公園梅林…梅とアンズの自然交雑種の紅梅と白梅が約1,200本。サクラとほぼ同時期に開花する。

北海道のうめ

▲ページの先頭へ戻る

北陸の梅まつりスポット

石川県金沢市 兼六園  梅林

梅の見頃:

例年3月上旬〜下旬

兼六園 梅林の所在地:

〒920-0936 石川県金沢市兼六町1-4

兼六園 梅林のスポット情報:

例年3月上旬〜下旬は、兼六園 梅林 が見頃!
金沢城のたもとにある、特別名勝・兼六園は岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三名園のひとつです。梅林は明治100年の記念事業として、1968年から1969年にかけて造成され、2000年に庭園として再整備されました。太宰府天満宮や北野天満宮など全国各地の梅の名所から苗木を集めて植栽し、白加賀、八重寒紅、青軸、豊後、摩耶紅、緑萼など20種200本の梅があります。6月の梅の実収穫は恒例行事となっています。

【 この梅名所の見所】

全国各地の梅の名所から苗木を集めて、20種200本の梅が植栽されている。6月には「梅の実収穫」が恒例行事として行われる。

北陸のうめ

▲ページの先頭へ戻る

中国・四国の梅まつりスポット

石川県金沢市 岡山後楽園  梅林

梅の見頃:

例年2月上旬〜3月上旬

岡山後楽園 梅林の所在地:

〒703−8257 岡山市北区後楽園1-5

岡山後楽園 梅林のスポット情報:

例年2月上旬〜3月上旬は、岡山後楽園 梅林 が見頃!
水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並ぶ日本三名園の一つで国の特別名勝。約13万3000平方メートルの回遊式庭園。藩主池田綱政が造らせたもので、完成までに14年の歳月を費やしたといわれています。園内の梅林には、寒紅梅、紅枝垂、鹿児島紅な、白加賀など紅梅40、白梅60合わせて100本の梅が楽しめます。まだ真冬の寒い時期に花をつけ始めますが、見頃は2月中旬から。3月下旬からは桜やツツジなども開花します。

【 この梅名所の見所】

日本三名園のひとつ岡山後楽園の梅林には、寒紅梅、紅枝垂、鹿児島紅、白加賀など紅梅40、白梅60合わせて100本の梅が楽しめます。

中国・四国のうめ

▲ページの先頭へ戻る

東北の梅まつりスポット

山形県鶴岡市 湯田川温泉 梅林公園

梅の見頃:

例年3月下旬〜5月上旬

湯田川温泉 梅林公園の所在地:

〒997-0752 山形県鶴岡市湯田川

湯田川温泉 梅林公園のスポット情報:

例年3月下旬〜5月上旬は、湯田川温泉 梅林公園が見頃!
国指定の名勝・金峯山の山懐から、湯田川温泉街を見下ろすように、約300本の紅梅、白梅が咲き誇ります。竹林に囲まれた美しい公園は庄内海浜県立自然公園にも指定されています。梅の見頃に合わせ、土・日曜日には「梅まつり」が開催され、旅館の女将さん衆による野点や、女将さん手作りのお土産の販売などがあり、各旅館は「梅見弁当」「孟宗ごはん」も用意します。また、この時期には梅のほかにボタン、ツツジ、アヤメなども楽しめます。

【 この梅名所の見所】

湯田川温泉梅林公園 名勝・金峯山の山懐から温泉街を見下ろすように、約300本の紅梅、白梅が咲き誇る。

東北のうめ

▲ページの先頭へ戻る

甲信越の梅まつりスポット

新潟県田上町 田上町梅林公園

梅の見頃:

例年4月上旬〜中旬

田上町梅林公園の所在地:

新潟県南蒲原郡田上町大字田上甲

田上町梅林公園のスポット情報:

例年4月上旬〜中旬は、田上町梅林公園が見頃!
小高い丘にある梅林公園と隣接する梅畑には、白梅の「越の海」、紅梅白梅の枝垂れ梅など2,000本ほどの梅が植栽されています。見頃は4月上旬。毎年4月第1日曜日には「田上うめまつり」が開催され、各種イベントのほか「越の梅」を使った梅加工品や梅酒などが出店販売されます。また、田上中学校前をスタートして、金毘羅山、見晴らしの丘、梅林公園とめぐる1周2時間の「のんぶらり梅の里散策コース」も楽しめます。

【 この梅名所の見所】

白梅「越の海」、紅梅白梅の枝垂れ梅など2,000本ほどの梅が植栽されている。梅林公園を含む1周2時間の散策コースも楽しめます。

新潟県新発田市 月岡梅林園2015

梅の見頃:

例年3月下旬〜4月中旬

月岡梅林園の所在地:

新潟県新発田市興野地内

月岡梅林園のスポット情報:

例年3月下旬〜4月中旬は、月岡梅林園が見頃!
本田山の丘陵地に、800本の白く可憐な梅が咲く景観は見事。「小坂梅」を中心に「越の海」や「藤五郎」などの梅が栽培されており、梅の実は6月下旬〜7月上旬にかけて収穫される。梅は品質が良く粒もそろっているので、「梅干し」はもちろん、地元の銘菓にも使用されていて「梅ジャム」や「梅酢」なども作られている。

【 この梅名所の見所】

梅林からは豊浦の天王地区が一望に見渡せる

甲信越のうめ

▲ページの先頭へ戻る