電話で予約 8:50〜21:00

ヨウサンミンカ

養蚕民家

見る

  • 北海道
  • 旭川・層雲峡の観光

※観光スポットに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

この建物は、福島県から入植した松浦繁松氏が、郷里の養蚕民家にならって1909(明治42年)に建てたものです。屋根は「方あずま」と呼ばれる一端が半切妻、もう一端が寄棟の形式で厚く葺かれたカヤ、軒の高い構えと相まって重厚で美しい外観を形作っています。建物内部は、1階座敷部分が2階まで吹き抜けになっているほか、蚕を飼育するうえで必要な採光、通風、保温を確保するため、縁側や大型の炉、煙り出しなど各所に伝統的な養蚕技術に基づく工夫がこらされています。1973(昭和48)年には,旭川市文化財に指定され、1990(平成2)年に調査保存のため一時解体されましたが、1991(平成3)年に再度復元され現在に至っています。

名称 養蚕民家(ヨウサンミンカ)
所在地 〒0781274 北海道旭川市東旭川町瑞穂1576-1
交通 旭川駅からバスで
開館 日火水木金土 4月下旬~10月下旬 9:30~16:30
休館 月 4月下旬~10月下旬 9:30~16:30 祝日の翌日
休館 冬 11月上旬~4月下旬 冬期間
料金 備考:無料
お問い合わせ 0166-23-0090

※観光スポットに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

「旭川・層雲峡」にある観光スポット

「歴史的建造物」にあてはまる近くの観光スポット