電話で予約 8:50〜21:00

カネノクチノレンリノサカキ

金ノ口の連理のサカキ

見る

  • 山口県
  • 萩・長門の観光

※観光スポットに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

大羽山の北側斜面の神祠の前にあり、地上60cmの幹周は1.4m。樹高は15mほどあり、サカキとしては巨樹である。連理現象は一枝だけでなく、数枝にわたってみられる点に特徴があり、地元の金の口講の神木としてまつられている。また、近接してタブノキとイチイガシが生育し、樹冠が互いに交錯しているので、こんもり盛りあがり、山麓からもこれを遠望することができる。 サカキは日本特有の樹木ではなく、中国南東部からヒマラヤ中部にかけて生育しているが、神樹として尊重されているのは日本だけである。

名称 金ノ口の連理のサカキ(カネノクチノレンリノサカキ)
所在地 〒7594211 山口県長門市俵山字金の口
交通 長門湯本駅からバスで
お問い合わせ 0837-22-3517

※観光スポットに関する情報のご利用にあたっては、ご利用者自身で事前にご確認ください。

「萩・長門」にある観光スポット

「植物(河津桜など)」にあてはまる近くの観光スポット