蟹のおいしい季節だから 産地直送のブランド蟹を堪能する旅へ

冬の極上グルメといえば、蟹。
「冬の王様」といわれるほどのおいしさと身体の芯から温まる温泉の、
両方を楽しむ贅沢旅に出かけてみませんか。

厚手のコートが恋しい季節になってくると、いよいよ蟹漁が解禁を迎えます。
蟹の身は寒い冬の荒波にもまれると、うま味がギュっと凝縮されるもの。
そのため蟹好きな人がこぞって訪れるのが、蟹が水揚げされる港町です。
今年の初物を味わいつつ温泉宿でなめらかなお湯につかれば、食で満たされ心も癒される、極上のひとときが過ごせます。

  • Feature01濃厚・新鮮・美味みんな大好き「蟹」の魅力に迫る
    「蟹」という言葉を聞いて、みなさんは何を想像しますか。赤い甲羅、長い足。殻を剥き、ぷりっと出てくる蟹の身…想像するだけで「おいしそう」と感じるシーンが多いのではないでしょうか。蟹が美味しく感じるのは、その身に含まれる「遊離アミノ酸」という成分のおかげ。この「遊離アミノ酸」には、人間の舌がおいしいと感じる「甘味」、「旨味」、「苦み」の成分がすべて含まれているのです。そのため蟹を一口食べた瞬間から「とってもおいしい」という信号が脳内に伝わり、幸せ感に包まれます。また、日本で親しまれている食用蟹の種類は大きく分けて4種類。ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニ、花咲ガニが有名です。しかし、そのうちのタラバガニと花咲ガニは、実は生物学的な分類上はヤドカリの仲間です。そこで今回は主に日本海側で水揚げされ根強い人気を誇る、ズワイガニについてご紹介します。
  • feature02特別・贅沢・限定憧れの「ブランド蟹」に魅せられて
    日本海側で水揚げされるズワイガニは、11月6日が解禁日。なぜ11月6日が解禁日なのかというといろいろな説がありますが、11月6日近辺は暦の上で「立冬」、つまり「冬の始まり」であることが多いのです。そのため蟹のおいしくなる冬のはじまりを解禁日に設定した、という説が有望です。11月6日の午前0時の時報がなると、漁が一斉にスタートします。漁船は昼前には漁港へと戻り、午後からは初セリが行われます。水揚げされた蟹は、港ごとに異なるタグが付けられます。タグの色は富山県なら紫、石川県なら水色、福井県なら黄色、兵庫県の津居山港のものは青、鳥取県なら白などと決まっています。この蟹の足に付けられた港ごとのタグこそが上質な「ブランド蟹」の証なのです。その中でも今回は、福井県の「越前ガニ」、兵庫県の「津居山ガニ」、鳥取県の「とっとり松葉ガニ」をご紹介します。

日本を代表する「ブランド蟹」の産地を訪れ、冬の味覚と上質なお湯を堪能。
誰よりも早く、冬の贅沢を味わってみませんか。

脚から爪まで身がぎっしり。
食べごたえのある「越前ガニ」

福井県で水揚げされるズワイガニの雄が、かの有名な「越前ガニ」です。
福井県の沖合は暖流と寒流がぶつかりあい、豊かな漁場が広がっています。そんな環境で育った蟹は栄養豊富なプランクトンをたくさん食べ、甲羅の幅約15cm、脚の長さ約70~80cmほどに成長します。「越前ガニ」の脚は細長いものの、殻や爪の中には身がぎっしり。そしてその中には甘味と旨味がたっぷり含まれているため、食べごたえがあるおいしい蟹として人気です。毎年11月下旬の週末には「越前ガニ」の即売や屋台などがある「越前かにまつり」が行われ、7万人もの人が訪れるといわれています。

福井県の名産「越前ガニ」を贅沢に楽しめる「灰屋」では蟹を様々な手法から味わいつくす豪華メニューが用意されています。蟹の脚はとろけるようなおいしさの蟹刺しか、甘味の増すボイルか、お好みに合わせてお選びいただけます。さらに蟹味噌の旨味がぎゅっと詰まった甲羅焼きは、漁港に近いからこそ味わえる鮮度抜群の濃厚な味わいが魅力です。

  • 灰屋
  • 灰屋
料理長のこだわり
「当館でお出ししている越前ガニは、網元からの直接仕入れです。そのため、天候によっては手に入らない時もございますが、それだけ新鮮な物を厳選してご提供させていただいております。上質な越前ガニと福井ならではの味を大切にした、当館自慢の郷土料理をご堪能ください。」

料理長

明治17年創業の老舗旅館。
福井県の美食と「美肌の湯」を
楽しめる宿
福井県にある芦原温泉の歴史とともに歩んできた老舗旅館「灰屋」。同館の温泉の泉質はpH7.9の塩化物泉となっており、神経系の諸病や筋肉関節痛、胃腸病などによいといわれています。飲用もできる温泉のため、入って良し飲んで良しの良質な温泉として人気です。湯温も40度前後で熱過ぎず、ぬる過ぎない適温なのもうれしいポイント。寝湯も併設された大浴場でゆったりとおくつろぎください。海に近い温泉のため微量に含まれる塩分により肌がしっとりとする「美肌の湯」としても人気です。

明治17年創業の老舗旅館。

〒910-4104 福井県あわら市温泉2-205
伝統旅館のぬくもり 灰屋

伝統旅館のぬくもり 灰屋の
詳細を見る

奇跡の漁場ではぐくまれた
プリプリ食感の「津居山ガニ」

「津居山ガニ」とは、城崎温泉の北方3km程のところにある津居山港で水揚げされたズワイガニのことです。
津居山港から30kmほど沖合に進むと「奇跡の漁場」と呼ばれる丹後山陰沖に到着します。このあたりは海底が水深200m程の大陸棚になっており海水の温度が2℃前後と低く、窒素やリンなどの養分と酸素が豊富な「日本海固有水」で満たされているのが特徴です。さらに海底は砂泥質の土壌となっており、プランクトンや魚、貝、ヒトデ、イカ、エビなどの生物が豊富。つまり蟹の餌となる生物がたくさんいるため、立派なズワイガニが育つ絶好の環境となっているのです。

円山川をのぞむ大人の隠れ宿「銀花」では、上品な会席料理スタイルで「津居山ガニ」がお楽しみいただけます。津居山港で水揚げされた新鮮な「津居山ガニ」は、まずは蟹刺しで。次に甲羅焼き、焼き蟹と風味の違いをご堪能ください。さらに蟹寿司、蟹鍋、茹で蟹とすすむ頃には、そろそろお腹もいっぱいになってくるかもしれません。でもラストの蟹雑炊まで、蟹たっぷりのフルコースをお楽しみください。

  • 銀花
  • 銀花
料理長のこだわり
「当館でご提供している津居山ガニは宿からほど近い津居山港で、わずか数時間前に水揚げされたものです。私は毎日津居山港に足を運び、信頼できる漁師さんから蟹を仕入れるようにしています。一般的に蟹の刺身は氷水につけて『花を開かせる』調理法をとりますが、当館では蟹が水っぽくなることを避けるため、あえてその調理法をとっていません。濃厚で甘い津居山ガニの刺身を、存分にお楽しみください。」

料理長

広大な敷地に18組のみを迎える
「大人の隠れ宿」。
全各室に展望檜風呂を用意
兵庫県の城崎円山川温泉に佇む「銀花」は、2000坪もの広大な敷地に全18室が佇む「大人の隠れ宿」。全ての客室にはそれぞれ展望檜風呂がついており、お部屋にいながら露天風呂気分を味わえるのも魅力です。ほかにも川とつながるように配置された露天風呂や内風呂、無料で使える貸切風呂も用意されているので、館内で湯めぐりをお楽しみください。温泉の泉質はpH9.6のアルカリ性単純温泉で、神経痛、関節痛、慢性消化器病、痔疾、冷え性などによいといわれています。お風呂あがりには冷たい乳酸菌飲料を無料で提供しているので、おひとついかがでしょうか。

広大な敷地に18組のみを迎える「大人の隠れ宿」

〒669-6123 兵庫県豊岡市小島1177
城崎円山川温泉 銀花(ぎんか)

銀花(ぎんか)の
詳細を見る

蟹の水揚げ量日本一。
蟹取県の「とっとり松葉ガニ」

鳥取県は蟹の水揚げ量が日本で一番多い県です。
平成28年には全国で食される蟹の約半数に当たる8,715トンが水揚げされました(※農林水産省水産物流通調査鳥取県)。そのため鳥取県では県名を「蟹取県」とし、ウェルカムキャンペーンならぬ「ウェルカニキャンペーン」を行うなど、蟹のPRに余念がありません。こちらのキャンペーン期間中は、対象施設に宿泊すると抽選で蟹が当たったり、スタンプラリーやフォトコンテストでオリジナル賞品が当たるなど、さまざまなイベントが行われています。ぜひ実際に訪れて、蟹のおいしさとお楽しみを満喫してください。

水産会社直営の宿なので、新鮮な魚介類を贅沢に使ったおいしい料理が味わえます。特に冬の季節には「とっとり松葉ガニ」を食べられるプランが人気です。蟹刺し、塩釜焼、蟹すき鍋、蟹味噌甲羅焼き、ゆで姿1枚など、蟹づくしの料理をお楽しみいただけます。濃厚で風味豊かな蟹味噌甲羅焼きは、甲羅酒としてめしあがることも可能です。

  • 魚と屋
  • 魚と屋
料理長のこだわり
「冬には欠かせない山陰の旬の味覚・活松葉ガニを水産会社直営ならではの量と質を兼ね備えたフルコースで提供しています。身のぎっしり詰まった脚には深い味わいがあり、甘く上品で口にほおばるとギュッと心地よい弾力性のある食感を持ち、蟹味噌は濃厚な味わいがあります。
そんな松葉ガニを『新鮮な刺身』『焼いて』『茹でて』『揚げて』『出汁で』と自慢の調理方法で、蟹の旨味をあますことなくお楽しみいただけます。」
源泉かけ流しのお湯と新鮮な
「とっとり松葉ガニ」を
満喫できる宿
鳥取県の浜村温泉は豊富な湯量と500年の歴史を誇り、美しい白鷺(しらさぎ)が傷を癒したという伝えから「鷺(さぎ)の湯」とも呼ばれています。そんな浜村温泉に佇む「魚と屋」は、水産会社が運営する温泉宿。温泉の泉質はpH7.0の硫酸塩泉とpH7.0の塩化物泉で、なめらかで優しい肌ざわりが特徴です。浜村温泉の源泉をかけ流しにしたお湯は、内湯と露天風呂でお楽しみいただけます。約500年前から歌われてきた鳥取県を代表する民謡「貝殻節」とともに、漁師町ならではのおいしい料理をご堪能ください。

源泉かけ流しのお湯と新鮮な「とっとり松葉ガニ」を満喫できる宿

〒689-0332 鳥取県鳥取市気高町勝見682-65 浜村温泉 魚と屋(ととや)

浜村温泉 魚と屋(ととや)の
詳細を見る

その他の温泉ストーリー

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする