まるで海外を訪れたような奇跡のブルーに出会う高知旅

四国の高知県には、
まだ見ぬ秘境がいっぱい
川、渓谷、温泉…「水」を
テーマに楽しみ尽くす癒しのひととき

車でちょっと走るだけで、見たこともないような美しい景色に出会える高知。
自然を愛する人たちの間で話題の「仁淀ブルー」という言葉をご存知でしょうか?
今回は清流・仁淀川の絶景を見て&体験して楽しみ、さらに温泉も堪能する、大満足の高知旅をご紹介します。

FEATURE01

吸い込まれそうな独特の青色
「仁淀ブルー」に魅せられて

近年テレビやネットでも注目を集めている「仁淀ブルー」。これは、高知県内を流れる仁淀川(によどがわ)の神秘的な美しさを表した言葉です。渓谷をぬって流れる清らかな支流や山あいの原生林など、さまざまな自然の営みから生まれる奇跡のブルーは、透明度が高く色鮮やか。その吸い込まれそうな独特の青色には、見る者を一瞬にして虜にしてしまう力があります。

FEATURE02

日本一の清流・仁淀川は
アクティビティも豊富

四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の1つである仁淀川は、日本一の透明度を誇ります。そんな仁淀川の魅力をとことん満喫するなら、ウォーターアクティビティに挑戦するのもおすすめです。ラフティングやカヌー、SUPなどにトライして水上からその美しさを楽しめば、感動も一層高まりそう。もちろんインストラクターが指導してくれるので、初心者でも安心して楽しめます。

FEATURE03

観光やアクティビティの後は
天然温泉でゆったり

清らかな仁淀川を見て&体験した後は、高知の温泉も楽しんでしまいましょう。「仁淀ブルー」の美しさに魅せられ、手で触れ、水しぶきに目を細める…そんなアクティブな1日のしめくくりに天然温泉のぬくもりをプラスすれば、心や身体の疲れも一気に解消しそうです。1日中「水」にちなんで高知を楽しみ尽くすのが、今回オススメの旅スタイルです。

Access

都市部から1番近い秘境?
便利なアクセスも魅力

仁淀川へのアクセスは、レンタカーでの移動がおすすめです。道は信号機がほとんどなく交通量も少ないため、豊かな自然や澄んだ空気を満喫しながらのドライブがかないます。高知市内から仁淀川の下流付近へは車で30分ほど、上流なら1〜2時間ほどで到着可能。息をのむ絶景が広がる秘境でありながら、都市部から訪れやすいアクセスの良さも魅力です。

FEATURE01 SPOT

奇跡の清流・仁淀川
「ここだけは外せない」
おすすめスポット紹介

川の両脇が切り立った崖になっているV字型渓谷を蛇行して流れる仁淀川。
全長124キロにもおよぶ河川は、
太平洋まで続きます。
その中でも見事な「仁淀ブルー」が楽しめるスポットを一挙に大公開。

SPOT01

その美しさに言葉はいらない
神秘のブルーを楽しむ「にこ淵」

「仁淀ブルー」を代表する、美しい眺めが楽しめる「にこ淵」は、高知市内から車で1時間ほどの場所にあります。透き通る滝壺に滝が流れ落ちる様子は、言葉にならない美しさ。古くより「水神様の化身の大蛇が住む場所」という伝説があるほどの秘境で、急こう配の階段を降りていかなければなりません。そのため、歩きやすい靴は必須です。

SPOT02

落差20mの滝は迫力たっぷり
虹がかかることもある「中津渓谷」

「にこ淵」から車で45分ほどのところにある「中津渓谷」も「仁淀ブルー」をたっぷり堪能できる景勝地。中でも渓谷入口から徒歩15分ほどの所にある雨龍の滝は必見です。落差が20mもあるこの滝は、壮大な見た目だけでなく水の流れる轟音が迫力満点。季節や時間によっては太陽の光が滝に差しこむ幻想的な光景を楽しめるというから必見です。

SPOT03

欄干のない橋は郷愁を誘う眺め
どこか懐かしさが漂う「沈下橋」

昔は川の増水による流木等の引っ掛かり防ぐため、橋の欄干をなくした「沈下橋」という構造が採用されていました。現在では治水技術の発達により橋が水に沈むことは少なくなりましたが、今でも多くの「沈下橋」が残っています。仁淀川にもいくつもの沈下橋がかかっているので、歩いて渡ったり車で渡ったりして、開放的な眺めをお楽しみください。

FEATURE02 ACTIVITY

仁淀川を直に楽しむ
アクティビティも
豊富にラインナップ

憧れの「仁淀ブルー」を見て
楽しむのもいいけれど、
せっかくなら触れて、感じて、
その魅力を堪能したいもの。
さまざまなウォーターアクティビティに、今こそチャレンジ。

ACTIVITY01

一度やってみたかった
「カヌー」で本格アウトドアデビュー

穏やかな水面を軽やかに進むカヌー。「いつかやってみたいと思っていたけど、なかなか踏ん切りがつかなくて」そんな人はぜひこの機会にトライしてみましょう。仁淀川周辺には、カヌースクールやツアーが豊富にそろいます。中でも「リバークルーズ」なら、専任のインストラクターが丁寧に指導してくれると人気です。

ACTIVITY02

仁淀川の上を散歩するような気分の
「SUP」体験もおすすめ

近頃流行りのSUPとは“スタンド・アップ・パドルボード”の略。ボードの上に立って乗る、水上散歩ができるアクティビティです。水質日本一の仁淀川は、日によっては川底が見えるくらいの透明度を誇ります。四国山脈(石鎚山)の上流から運ばれてきた色鮮やかな「五色石」が見えることも。少人数での体験がかなう「SUGGOI SPORTS」なら、初めての方でも安心です。

FEATURE03 HOT SPRING

高知の温泉

たくさんの「水」を楽しんだら、あたたかな「水」でのんびり&ゆったり。
肌に優しい天然温泉に身をゆだねて、心も身体も解き放つひとときを。

HOT SPRING01

色鮮やかな昼間のブルーとは一変、
湯けむりに包まれほっこり

「仁淀ブルー」を存分に満喫したら、宿を訪れほっとひと息。数々の絶景は地球の神秘から生まれたものですが、天然温泉も大地の恵みを色濃く受けたものであることでは同じです。土地の人々はもちろん、旅行者やお遍路の方々にも親しまれてきた天然温泉につかれば、旅の疲れもすっかり取れてリラックスできそうです。

HOT SPRING02

「仁淀ブルー」からほど近い
おすすめ温泉地3選

「仁淀ブルー」が楽しめるスポット周辺には、のんびり過ごせる温泉地がそろいます。安芸郡にある「よさこい温泉」や高知市内の「三翠園温泉」では塩化物泉のお湯が楽しめますし、中津渓谷から45分ほどと近い「桑田山温泉」では硫黄泉も楽しめます。お好みの泉質やロケーションなどから宿を選ぶのもおすすめです。

さまざまな「水」を楽しむ
高知の旅で、
心も身体も洗われる心地よい
ひとときを過ごしてみませんか

「よさこい温泉」の露天風呂には
坂本龍馬像も
土佐の魅力を満喫できる大型ホテル

坂本龍馬が愛した海岸線を描く「桂浜の湯」と
弘法大師が悟りを開いたとされる小さな洞窟のある「室戸岬の湯」。
充実した露天風呂で贅沢な湯あみを。

ロイヤルホテル 土佐

ロイヤルホテル 土佐

全195室の大型ホテルでは
充実施設をフル活用
高知龍馬空港から車で約20分のところにある同ホテルは、市内観光はもちろんのこと、四国遍路八十八ヶ所巡りや観光の拠点としても便利な立地。夏休みなら広々とした屋外プールも無料で使えるのが魅力です。館内にはあかすりやヒーリングエステなどがかなうリラクゼーションルームもあるので、ゆったりリゾート気分で爽やかなひとときをお過ごしください。
  • ロイヤルホテル 土佐 季節ごとの食材を使った
    創作会席が自慢
    料理長こだわりの、四季替わりの食材を使った華やかな会席料理。その他にも、少人数でも楽しみやすいようにアレンジした、ひとりじめ皿鉢などもご用意しております。季節の食材を用いた土佐の味覚をご堪能ください。淡麗辛口な高知の地酒も各種取りそろえておりますので、ぜひお試しください。
  • ロイヤルホテル 土佐 夏の風物詩「よさこい祭」に
    ちなんだ温泉も人気
    敷地内から湧出する天然温泉は、高知の夏の風物詩「よさこい祭」にちなんで名づけられました。泉質は身体がよくあたたまると人気のナトリウム塩化物泉です。桂浜を模した露天風呂や、壺湯、小さな洞窟のある室戸岬の湯などがあり、毎朝男女入替制で4種の湯船を堪能できます。また「桂浜の湯」の傍らには坂本龍馬像が置かれているなど、高知らしさを存分に味わえるのも魅力です。

ロイヤルホテル 土佐
の詳細を見る

土佐藩主・山内容堂公の
下屋敷跡に建つ
幕末の香りが伝わる老舗宿

高知市の中心部にある高知城から徒歩7分。
市内の便利な場所にありながら、
それを感じさせない静かな時間が過ごせる宿。

高知城下の天然温泉 三翠園

高知城下の天然温泉三翠園

大政奉還の前年に西郷隆盛が
訪れたという日本庭園も
幕末の慶応3年、薩摩藩主の使者として西郷隆盛が山内容堂公を訪ねてきました。その際、日本の未来を語り合ったとされる美しい日本庭園が、今も三翠園に残っています。推定樹齢600年にもおよぶ椋(むく)の木 や各地の大名から贈られた皐(さつき)を目にすると、幕末の名士たちと同じ光景を見ていたという感慨に包まれます。※19年7月~21年8月の間、工事実施のため一部景観を損なう場合がございます。
  • 高知城下の天然温泉 三翠園 土佐の匠が彩る料理の数々は
    見目麗しい逸品ぞろい
    山、川、海に囲まれた食材の宝庫として名高い高知の美食を味わえる同館は「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理部門に入選したこともある実力派。旬の食材の旨味をいかした自慢の土佐料理は、かつおのたたきはもちろん、高知のブランド牛「土佐黒毛和牛」を陶板焼きで味わえるプランや、旬魚の姿造りの皿鉢盛りがついたプランもあるので注目を。
  • 高知城下の天然温泉 三翠園 高知市内唯一の天然温泉は
    眺望の良さも人気
    清流鏡川と名山、筆山を望む絶好のロケーションに佇む「天然温泉 湯殿 水哉閣」。泉質はナトリウム塩化物泉で、湯上がりの保湿効果にすぐれたお湯を楽しめます。露天風呂やサウナのある本格的温泉施設は、高知市内初、そして唯一の天然温泉として人気です。高知市の中心部にいながらにして豊かな自然を感じる、心地よい湯あみがかないます。

高知城下の天然温泉 三翠園
の詳細を見る

「雪割り桜の里」とも呼ばれる
桑田山には
弘法大師ゆかりの温泉が豊かに湧出

緑深き桑田山の山あいに佇む同館では
雰囲気たっぷりの半露天風呂付離れが人気。
四国屈指の豊富な湯量を誇る硫黄泉をかけ流しで楽しめるのも魅力。

千年の美湯 そうだ山温泉 和 YAWARAGI

千年の美湯 そうだ山温泉和 YAWARAGI

懐かしい故郷に帰ってきた
ような安らぎを感じられる宿
今からおよそ1200年前の平安時代、弘法大師が開泉したといわれる「そうだ山温泉」。山あいに湧くいで湯は古くより、つかると怪我が治り、飲むと病気が治る「くすり水」として人気を集めてきました。そんな名湯を源泉かけ流しでたっぷりと楽しめるのが、こちらの温泉宿「そうだ山温泉 和 YAWARAGI」。離れや和室などさまざまな客室タイプから、お好みのスタイルをお選びください。
  • 千年の美湯 そうだ山温泉 和 YAWARAGI 皿鉢盛りをメインにした
    ボリューム満点のコース料理
    本館の個室でいただく夕食は、ボリュームたっぷり。新鮮なお造りの皿鉢盛りをメインとして、天ぷら、茶碗蒸し、お鍋など自慢のコース料理を楽しめます。朝食は、季節の味覚を詰め込んだ、身体に優しい和朝食。プランによっては女性にうれしいデザート付のプランもあるので、お好みでお選びください。
  • 千年の美湯 そうだ山温泉 和 YAWARAGI 古来より、くすり水として
    愛されてきた
    とろみのある硫黄泉
    同館の温泉は、四国随一の湯量が自慢の硫黄泉。pH9.5のアルカリ性のため、トロッとしたぬめりのある触感を楽しめます。もちろん湯上がりの肌は、ツルツル&スベスベ。美と健康によいと、県内外の多くの人に人気のお風呂です。露天風呂は低温の源泉かけ流しのため、心地よい檜の香りに包まれながら、ゆっくりとお楽しみいただけます。

千年の美湯 そうだ山温泉 
和 YAWARAGIの詳細を見る

その他の温泉ストーリー