孫と一緒に思い出を作る、「孫旅」での注意

5月21日〜28日限定!今、ゆこゆこネット会員&メルマガ会員になると、お得な宿泊割引クーポンがもらえる!詳細はこちら5月21日〜28日限定!今、ゆこゆこネット会員&メルマガ会員になると、お得な宿泊割引クーポンがもらえる!詳細はこちら

f:id:yukoyukofumufumu:20170912112518j:plain

「孫旅」とはその名の通り「孫との旅」のこと。
お孫さんとの良い思い出になるだけではなく、少しの間だけご両親と離れた時間を過ごすことでお孫さんご本人の成長にもつながるといわれています。
近年、そんな「孫旅プラン」を用意している宿も多いようです。

今回は、「孫旅」を計画するうえで気をつけておきたいポイントをご紹介したいと思います。

「孫旅」ができるのは何歳から?

「孫旅」に出かけるのはお孫さんと言葉でコミュニケーションが取れるようになり、またお手洗いが自分でできるようになってからが良いでしょう。
一般的に3〜4歳以降と言われていますが、お孫さんの成長にはそれぞれ個性があります。
お孫さんのお世話がかえって旅先でご負担になってしまわないように、ご両親と話し合っておきましょう。

 

アレルギーについて、ご両親や宿と相談しておくこと

年代とともに育児方法は変化しており、「私の頃は大丈夫だったから」ということでも思いがけないトラブルに発展してしまうことも。
特に、お孫さんの体質に合わせて食べられるものをご両親と確認しておきましょう。

もしアレルギーなどで食べられないものがある場合、事前に宿へ問い合わせておくとアレルギー対応食を用意してくれるところもあります。

 

もしものために、いつも使っているお薬を持参

普段と違う環境では、お孫さんも緊張しています。
長時間の移動で酔ってしまったり、夜になって急に体調を崩したりすることも。
宿のスタッフから、薬を分けてもらう……ということは難しいため、もしもに備えていつも使っているお薬や持っていくようにしましょう。

元気いっぱいのお孫さんはケガをすることも多いため、絆創膏なども忘れずに。

 

ふだんなかなかお孫さんと会えない方こそ「孫旅」は楽しいものですが、その分予想外のトラブルが起きてしまうことも。

事前にご両親やお孫さんときちんと相談し、またご自身の負担とならないよう、お孫さんとの旅を計画してみましょう。お孫さんにとっても、良い経験と思い出になるはずです。

The following two tabs change content below.

ゆこたび編集部

ゆこゆこネットが運営する温泉旅行メディア、ゆこたびの編集部です。 家族や友人との旅行がもっと楽しくなる情報や、おすすめの温泉など毎日発信しています!

関連記事

  1. 布団を敷いてもらっているとき部屋にいてもいいの?

  2. 人気爆発予想!!2017年のGWは5連休

  3. 居心地はお墨付き。一度は泊まってみたい、憧れのクラシックホテル

  4. 荷物を減らすコツ ―ジップロック(R)を活用―

  5. アレルギーで食べられないものがあるのですが…

  6. 部屋に案内された時、座る場所って決まっているの?

  7. 夏でも涼しくて混雑なし!山エリアの宿泊がおすすめ

  8. 裏磐梯イエローフォール

    【連載】滝ガールの温泉旅ガイド「第1回 冬だけの絶景!裏磐梯イエローフォール」

  9. 【ゆこゆこ宿泊体験レポートvol.09】大阪市内からアクセス抜群の隠れ家的ホテルー不死王閣ー

  10. モール温泉でお肌つるつる!?豊かな恵みを満喫、十勝川温泉へ行こう

  11. 一泊15,000円以下で源泉かけ流し!「いい夫婦の日」におすすめの宿5選

  12. 宿が空いててゆったり過ごせる日ってあるの?!