重要なお知らせ
鹿児島県南大隅にある美味しいものを求めて

鹿児島県南大隅にある美味しいものを求めて

九州は美味しくて安いものが多い!

旅行の時に『食』を楽しむのは旅の醍醐味ですよね。

鹿児島には中心部だけではなく地方にもたくさん美味しいものがあるのです。

今回は、鹿児島市がある薩摩方面ではなく、反対側の(桜島がある方)大隅での美味しいものをご紹介します。

『地元を盛り上げたい!』お肉屋さんが作ったチーズ

鹿児島空港から車で約1時間のところにある鹿屋市。

2017年に和牛日本一に輝いたこともある畜産が盛んなエリアです。

最近では、サンシャイン池崎(芸人)の実家があることでもちょっと聞いた方もいらっしゃるのでは?

この中心部に今年の春にオープンしたチーズ工房。

一見すると家具屋のような佇まいですが、ここで鹿児島のオリジナルチーズ「Kotobuki CHEESE」が生産されています。

「kotobuki CHEESE」は、精肉店も経営している【寿商会】が母体となっている工房で作られました。

寿商会は昭和28年に設立した老舗飼料販売会社。より良い精肉を作るために飼料にこだわり続けていて、ここで扱われるお肉は美味しいと評判です。

その飼料を食べて育ったジャージー牛から絞った新鮮なミルクから作られるチーズ。

それは新しい形を模索したからできたもので、お肉だけではなくまた違った視点で地域を盛り上げたいと考えた生産者の挑戦からはじまりました。

ここで働いているチーズ職人の方は料理人から転身して専門の職人になりました。九州の有名なチーズ工房やイタリアで修行し、料理人をする傍らの空いた時間で試作を重ね100%鹿屋産の美味しいチーズを作り上げました。

別のことをしながら、時間を割いて新しいものを作り出す。本気でなければやれないことだと思います。

素人が美味しいと言っているだけではなく、2018年に開かれたジャパンチーズアワードで銀賞&銅賞をダブル受賞したチーズ。

ぜひ、おこしの際に食べて頂きたい!

チーズは工房の横にあるレストラン『TAKE』で購入ができ、食事としても提供されています。

こちらは大隅の食材にこだわったレストラン。昔は非常に栄えていた中心部をもう一度、活性化したいと2014年にオープンしました。

光が気持ちよく注ぐ店内にはスタイリッシュな中にレトロ感のあるオーナー自ら海外まで買い付けた家具が置かれていて、居心地の良い空間になっています。

ここでチーズ以外でお勧めしたいのが、お肉料理。

脂が美味しくて、でも胃もたれしない。ハンバーグにチーズのトッピングをするともう言葉が出ないくらい美味しいです!

少しずついろんなものが食べたい方には「KOTOBUKIご膳」。2段のお重に料理が少しずつ入っています。

フリードリンクも数種類あり、挑戦していただきたいのが「ホエイ」のドリンク。

「ホエイ」というのは、チーズを作る過程で出る水分で、牛乳中の乳糖、水溶性タンパク質、灰分などが入ってとても栄養価が高いものです。(プロテインとして使われていたりします。)

ただ、癖がある!!

私が行った際、アセロラホエイとしてあったのですが、すべて飲めませんでした。牛乳好きな相手と行ったのですが、その人は2杯ぐらい飲んでいたので個人差が出ると思います。

スタッフの方も明るくて、とても気持ちの良い接客なのもおススメできるポイントです。

せごどんでも有名になった「雄川の滝」なども大隅にありますので、ぜひ立ち寄ってください。

【TAKE(テイク)】

住所:鹿児島県鹿屋市北田町5-5

アクセス:大隅縦貫道 東原I.C. 車約14分

電話:050-3373-9171

営業時間:ランチ/11時30分~15時(LO14時)

ディナー/18時~23時(LO22時30)

定休日:水曜日

HP:https://take.gorp.jp/

『kotobuki cheese』

住所:鹿児島県鹿屋市北町5-5

アクセス:鹿児島空港から車で鹿屋方面へ。鹿屋市中心部『リナシティ鹿屋』から鹿屋市役所へ向かう大通り沿い

HP:http://kotobukicheese.com/

YUKOTABI 編集部
ゆこゆこネットが運営する温泉旅行メディア「YUKOTABI」の編集部です。 家族や友人との旅行がもっと楽しくなる情報や、おすすめの温泉など毎日発信しています!

関連する記事