• このページをシェア

うれしの嬉野温泉

一面の茶畑の下で“温泉三昧”の1日を過ごす

なだらかな丘一面に広がる茶畑と、その間を縫うように流れる嬉野川。1404年、平戸に渡来した唐人が栽培したのが始まりといわれる嬉野茶は、今も明時代の釜炒り手揉みの製法を伝える。 そんな日本を代表するお茶の産地に湧くのが嬉野温泉だ。温泉街には充実した施設を誇る宿が多く、中には「茶風呂」を提供する宿も。お茶に含まれるビタミンCとカテキンが美肌効果をさらに高めるとか。 約1200年の歴史を持ち、シーボルトも利用した「シーボルトの湯」の公衆浴場や、一部の旅館でも日帰りで温泉が楽しめる。

嬉野温泉の宿一覧(8件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、皮膚病、貧血など

「肥前風土記」にも記載が残る古湯。その昔、神功皇后が戦の帰りに白鶴が羽を癒すのを見て発見したと伝わり、負傷兵の傷が癒え皇后が「あな、うれし」と言ったことが「嬉野」の起源とか。また、周辺の遺跡から石器時代には湯が湧出していたとの推論もある。九州屈指の高温を誇る名湯は、なめらかな肌触りの美肌の湯。温泉のお湯を使った名物「温泉湯どうふ」は、とろりととろける食感に思わず笑みがこぼれる絶品だ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

佐賀県嬉野市嬉野町

アクセス

  • でお越しの方

    嬉野ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    武雄温泉駅からバスで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら