大牧温泉(おおまきおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

大牧温泉のイメージ画像  

庄川峡

四季の変化に富んだ大峡谷

約100kmにもおよぶ大峡谷。険しい岸壁に激流がぶつかる雄壮な上流部から、ダムによってできた湖まで、様々な景観が広がる。春の新緑や桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々に変化する様が美しく、バードウォッチングなども楽しめる。遊覧船での川めぐりもオススメ。

 
  • 住所:庄川町小牧
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

大牧温泉のイメージ画像  

利賀芸術公園

世界の演劇人が集う野外劇場

昭和57年、古代ギリシャ時代の野外劇場を原型につくられた日本初の野外劇場。約9.6m四方の舞台に橋がかり、脇柱、笛柱といった能狂言の舞台様式が採用されており、池には勅使河原宏の自然石のオブジェ「鶴」「亀」が浮かんでいる。世界各地から演劇人が集い、演劇祭が開催されるなど注目のスポットだ。

 
  • 住所:南砺市利賀村上百瀬48
  • TEL:0763-68-2028
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

大牧温泉のイメージ画像  

飛翔の郷

利賀の歴史と文化を体感

利賀行政センター前の高台にある4つの文化施設の総称。太古から現代までの利賀村の歴史に触れられる「道の資料館」、昔の山里の暮らしを再現した「利賀民俗資料館」、書道家・関根薫園の作品等を収蔵した「関根薫園書道美術館」、富永一朗の漫画を一堂に紹介する「富永一朗とが漫画館」が連なり、利賀の歴史と文化を体感できる。

 
  • 住所:南砺市利賀村利賀1468
  • TEL:0763-68-2017
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人400円、子供200円

大牧温泉のイメージ画像  

瞑想の郷

チベット仏教の世界に触れる

利賀村とネパールのツクチェ村との友好提携から生まれた施設。ツクチェ村出身の仏画家、サシドジ・トラチャンの描いたチベット仏教の大曼荼羅などを展示している「瞑想の館」「瞑想美の館」のほか、研修施設や喫茶コーナーなどもそろっている。

 
  • 住所:南砺市利賀村上畠
  • TEL:0763-68-2324
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人600円、子供300円

大牧温泉のイメージ画像  

そばの郷

利賀村の名産ソバについて詳しく展示

利賀村の名産であるソバの資料館。世界各地のさまざまなソバの種子の展示や、ソバの歴史などを紹介。また、ソバ打ち体験ができる工房やソバ料理を味わえる「ごっつお館」「うまいもん館」などもある。

 
  • 住所:南砺市利賀村坂上1193
  • TEL:0763-68-2034
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円、子供200円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。