• このページをシェア

えっちゅうとなみのおんせん越中となみ野温泉

昔懐かし農村風景に囲まれた温泉地

富山県砺波市は砺波平野の中央部に位置し、独特の田園風景が広がる。砺波はチューリップの球根の産地として有名で砺波チューリップ公園には、ぜひ足を運びたい。 1952年から続く「となみチューリップフェア」では約600品種約100万本のチューリップが会場内を彩る。珍しい品種やチューリップで描かれた地上絵など、いつもとは違うチューリップの姿を楽しめる。 砺波チューリップ公園から程近い「越中となみ野温泉」では、八尾累層と医王山累層の2つの水源を持っているため、その両方の特性を堪能することができる。例年8月には「となみ花火大会」や全国から多くの見物客が集まる「おわら風の盆」なども開催。日本の情緒と郷愁を堪能できるそんなロケーションだ。

越中となみ野温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 塩化物泉

源泉温度は25.8℃と低温のため、ゆっくりと浸かることができる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

富山県砺波市

アクセス

  • でお越しの方

    砺波駅からタクシーで約15分

  • 電車でお越しの方

このサイトをシェアされたい方はこちら