• このページをシェア

あじあじ温泉

四国本土最北端!のどかな瀬戸内海に抱かれた温泉

風光明媚な瀬戸内国立公園の東中央部、四国本土最北端の半島の町、庵治町に湧き出る温泉。三方を海に囲まれ大島、兜島、鎧島…と瀬戸内に点々と浮かぶ島々を見渡すことができる。源平合戦の舞台となった場所としても知られ、平家が船を隠したと伝わる浦「船かくし」など歴史の面影を残す史跡が現在も点在。 その背後を今も昔も変わらぬ穏やかな瀬戸内の海が見守り続けている。特に地元の人が自慢するのが満月の夜。夕暮れと同時に黄金色の月が瀬戸の海に浮かぶ姿は格別なのだとか。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地にも選ばれた。のどかな海辺の町で潮風薫る露天風呂に浸かれば、心の底からあふれ出す深い安らぎを実感できるにちがいない。

あじ温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 ラジウム泉
効能 神経痛、筋肉痛、疲労、婦人病、冷え性、高血圧、痔疾

「瀬戸内海の絶景を望む露天風呂」をうたい文句に、四国本土最北端に湯けむりを上げる温泉。香川県で最初に認定された天然温泉の宿「庵治観光ホテル海のやどり」の浴槽に注がれている。オーシャンビューの素晴らしい景観が自慢で、風景画のように穏やかな瀬戸内の海を見渡しながらの湯浴みは格別。行き交う漁船を眺めながら時間を忘れてのんびり過ごす、開放的な海辺の温泉旅行を満喫できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

香川県高松市庵治町

アクセス

  • でお越しの方

    高松中央ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    高松駅からバスで約45分

このサイトをシェアされたい方はこちら