• このページをシェア

しょうどしま小豆島温泉

オリーブと『二十四の瞳』の島に湧く温泉

瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、オリーブと『二十四の瞳』の島。小豆島出身の作家、壷井栄が同島をモデルに描いた小説「二十四の瞳」は、戦争の悲惨さを訴える名作だ。2度目の映画撮影時に使われたオープンセットが並ぶ「二十四の瞳映画村」。 昭和46年まで実際に使われ、今も当時のままの木造校舎を残す「岬の分教場」。さらに内海湾沿いの道を一周(片道約8㎞)すれば、主人公の大石先生の家があったと設定される「竹生の一本松」。道中に広がるオリーブの木陰でひと休みしながら、今も変わらない牧歌的な光景を眺める。 オリーブの香りとのどかな瀬戸内の潮風が、平和のありがたさを改めて教えてくれる。

小豆島温泉の宿一覧(9件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉、塩化物泉、硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、冷え性、皮膚病など

関西、中国、四国から島のあちこちに点在する港へフェリーが往来する小豆島に湧く温泉。日本で初めてオリーブの栽培に成功した“オリーブの島”にちなんだ「オリーブ温泉」など、数種類の温泉が湧く。ロケ地巡りにオリーブ公園。他にも、「寒霞渓(かんかけい)」を初めとする景勝地や「小豆島八十八ヶ所霊場」を巡るお遍路など、小豆島は何度訪れても飽き足らないほど魅力が満載。夜には、瀬戸内の幸と温泉が待っている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

香川県小豆郡

アクセス

  • でお越しの方

    高松中央ICまたは高松西ICから車で約30分で高松港、高松港からフェリーで約60分

  • 電車でお越しの方

    高松駅から徒歩約10分で高松港、高松港からフェリーで約60分

このサイトをシェアされたい方はこちら