• このページをシェア

えびのこうげんえびの高原温泉

アクティビティで疲れた身体を芯からほぐす

えびの高原は九州南部に連なる霧島山に囲まれた標高約1200mの高原。 春から夏にかけてはミヤマキリシマや大山レンゲ、秋には鮮やかな紅葉に彩られ、年間を通してトレッキング客に人気が高く、「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれている。 そんな大自然に囲まれたえびの高原温泉は、アクティビティを楽しむ客のオアシスだ。春から秋はトレッキングで、冬はスケートで疲れた身体を芯からほぐしてくれる。

えびの高原温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 婦人病、動脈硬化など

源泉温度は43.2℃。毎分470Lで自噴する源泉かけ流し方式。殺菌の為、塩素消毒を施している。湯はアルカリ性のヌルヌルとした肌触りで、肌の古い角質を除去する作用があるため美肌効果も期待できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

宮崎県えびの市末永

アクセス

  • でお越しの方

    えびのICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    霧島神宮駅からバスで約60分

このサイトをシェアされたい方はこちら