• このページをシェア

ときわおんせん常盤温泉

霧島に抱かれた田園地帯にて幻想的な湯浴みを満喫

霧島連山の南東麓、鰐塚山系との盆地に位置する豊かな自然に育まれた都城市。「常盤温泉」は宮崎自動車道「都城IC」より車で約20分、市街地の喧騒から離れた静かな田園地帯に湯けむりを上げる。 雄大なロケーションのハイライトは、“神々の山・霧島”。今もなお伝承される天孫降臨の伝説を彷彿とさせ、こり固まった身も心も癒す湯旅を演出してくれる。観光資源には事欠かず、霧島方面へは約1時間、えびの高原方面へは約1時 間半とアクセス良好だ。 観光の拠点にするのも良いだろう。また、都城市は「島津家発祥の地」としての一面もあり、「都城歴史資料館」などでは歴史のロマンを感じさせてくれる。日頃のわずらわしさを忘れ、英気を養う温泉旅に出かけよう。

常盤温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、婦人病、冷え性

「旬の料理とお湯の宿 常盤荘」に湧く一軒宿の温泉。露天風呂付きの客室の他、約300本もの梅の木に包まれた静かな「梅美の湯」にて入浴できる。男女それぞれ内湯と外湯があり、湯船に注がれる温泉の音だけをBGMにゆったりと落ち着いた時間が過ごせる。春は梅の花が、夏の夜は飛び交うホタルたちが、湯客を幻想的な世界へと誘ってくれるだろう。泉質は低張性中性冷鉱脈泉で外傷性疾患や神経痛などに効能が高い。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

宮崎県都城市山田町

アクセス

  • でお越しの方

    都城ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    都城駅から車で約25分※送迎バスあり要相談

このサイトをシェアされたい方はこちら