• このページをシェア

たまゆらたまゆら温泉

川端康成が讃えた“ほのかな風情”漂う地に湧く美人湯

宮崎市の中心部を流れる大淀川、その河畔の橘公園沿いに湧出している温泉地。温泉地名となっている「たまゆら(玉響)」とは、古代のアクセサリー勾玉(まがたま)が互いに触れ合ってかすかに音を立てる響きのことで 、“しばしの時間”や“ほのかな風情”を表す言葉。 ノーベル賞作家の川端康成がその美しい情景に惚れ込み、小説『たまゆら』の舞台として書き下ろしたことでも有名。市の中心地に位置する温泉街は、公園や繁華街・海岸線に近く、観光の拠点として便利な場所で、県内で一番多い観光客が訪れる。 市内のイベントも盛んで、温泉街では例年3月に、複数のホテルが神楽宿になる「かぐらまつり」を開催。県内各地の迫力ある神楽を間近で鑑賞することができ、人気を集めている。

たまゆら温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、冷え性、美肌

大淀川の河畔に立ち並ぶホテルが共同で掘削。温泉街の中心に湧出した天然温泉。泉温約45.6℃、肌触りの良い弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉の湯は、筋肉痛や五十肩、関節痛をはじめ、美肌効果のある美人湯として人気。引湯する3軒のホテルで楽しめるほか、温泉街には「足湯」もあり、街を散策する観光客の憩いのスポットとして親しまれている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

宮崎県宮崎市

アクセス

  • でお越しの方

    宮崎西ICから車で約18分

  • 電車でお越しの方

    宮崎駅から徒歩約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら