• このページをシェア

あこう赤穂温泉

「忠臣蔵」と「塩」の町、赤穂に湧く温泉

穏やかに波打つ瀬戸内海に浮かぶ国の天然記念物「生島」や「小豆島」の島なみ。夕日に染まる水面と島影、行き交う船が幻想的な世界を描き出す。全国有数の製塩地として発展してきた赤穂は、言わずと知れた赤穂浪士の故郷。 主君への忠誠を誓い、吉良邸討ち入りを果たした大石内蔵助をはじめとする47義士の物語は、「忠臣蔵」として300年以上経った今も語り継がれている。47義士が眠る「花岳寺」や主君刃傷の悲報を持った早打ちが叩いた「大石長屋門」など、訪れるファンは後を絶たないとか。 江戸将軍家にも献上されたという名物・塩味まんじゅうをお供に、元禄時代に迷い込む。散策後は、瀬戸内の絶景と温泉でゆっくり疲れを癒したい。

赤穂温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、皮膚病など

「忠臣蔵」で有名な城下町、赤穂に湧く温泉。1969年に赤穂御崎で掘削された単純温泉の赤穂御崎温泉。一方、平成12年に町の中心地から湧出した塩化物泉は、豊富な成分を誇り健康回復や美肌効果のある「よみがえりの湯」として有名。この新源泉と昔からの赤穂御崎温泉を合わせて「赤穂温泉」と呼ぶ。温泉を満喫したら、新鮮な瀬戸内の幸が待っている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

兵庫県赤穂市

アクセス

  • でお越しの方

    赤穂ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    播州赤穂駅からバスで約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら