• このページをシェア

ほうらい宝来温泉

悠久の歴史をたどる大和路の拠点

2010年に遷都1300年を迎えた世界遺産、平城京跡。710年(和銅3年)、藤原京から遷都された奈良時代の都であり、周辺には東大寺や興福寺をはじめとする数々の古刹が点在する。 奈良市のほぼ中心にありながら、約120万㎡余りもの広々とした野原がいまだに保たれ、自生する野草の種類の多さは日本一とか。今なお歴史の薫りを色濃く残す大和路を、四季折々の花々が華やかに染める様は、自然と心を和ませてくれる。 さらに、7~8世紀に作られたといわれる直径約14mのキトラ古墳へも、電車で約35分とアクセスしやすい。壁画「白虎」が発見されたことで有名だが、1998年には世界最古ともいわれる天文図が発見され、この国が歩んできた悠久の歴史をたどる旅の拠点に、最適の温泉地だ。

宝来温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、痔疾

奈良市宝来町にある「奈良パークホテル」内の温泉。炭酸水素ナトリウムを含む単純温泉で、筋肉痛、疲労回復、運動機能障害などに効くとか。毎分約67L湧き出る約32℃の源泉は、古都の中心にある“美人の湯”とも形容される。ホテル内には、天平文化の風情に良くなじんだ露天風呂があり、湯面に映る月影や星空は思わず手に取りたくなるほど美しい。なめらかな温泉とゆらめく湯気が身体をやさしく包み、大和路を散策した昼間の疲れを癒してくれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

奈良県奈良市宝来

アクセス

  • でお越しの方

    宝来IC入口付近

  • 電車でお越しの方

    西大寺駅からタクシーで約15分 送迎バスあり

このサイトをシェアされたい方はこちら