• このページをシェア

ゆもりおんせん湯盛温泉

大和国の面影を偲ぶ山深い温泉地

『古事記』『日本書紀』に登場する神話の地、奈良県吉野。この一帯は世界遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」にちなんだ国宝・重要文化財、史跡名勝天然記念物が点在している。 湯盛温泉は吉野山から東熊野街道を辿ったダム湖畔に湧く温泉だ。すでにダムに沈んでしまったが、川上村からは縄文時代のものと思しき遺跡が発掘されるなど古代から人が住んでいたことがうかがえる。鬱蒼とした吉野杉、高野槙を使用した湯殿など温泉宿の 佇まいにもどこか大和国の面影が感じられる。 奥吉野渓谷の豊かな緑と溶け合う清らかな温泉にゆったり浸かり、四季の風が優しく頬をなでる至福のひととき。吉野の古刹を巡ったあとはこの小さな村で湯浴みをしながら修験者に思いを馳せてみたい。

湯盛温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、腰痛、関節痛、冷え性、打撲

露天風呂は奥吉野の雄大な山々が望める。日帰り入浴も可能。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

奈良県吉野郡川上村

アクセス

  • でお越しの方

    葛城ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    大和上市駅からタクシーで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら