• このページをシェア

ゆのごう湯郷温泉

「白鷺伝説」残る古湯と山の味覚を堪能

湯郷温泉は中国地方きってのいで湯の里「岡山県美作三湯」のひとつ。歴史は古く、いまから1200年ほど昔の平安時代、慈覚大円仁法師が白鷺に導かれ発見したと伝えられ、別名「鷺の湯(さぎのゆ)」と呼ばれる全国に知られた名湯だ。 温泉はナトリウム、カルシウム塩化物泉で、効能は消化器病、神経痛、リウマチ、貧血症、婦人病、皮膚病などに効果がある。美肌づくりの湯としても女性に人気の温泉だ。 また、美作牛をはじめ、旬の山の幸は美味。特に秋の味覚の王様“マツタケ”の産地として有名で、上品な香りとシャキシャキした歯ごたえがたまらない。

湯郷温泉の宿一覧(6件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病、皮膚病、貧血など

吉野川にかかる鷺湯橋が入り口。湯郷を発見した円仁法師像がシンボル。約10軒ほどの旅館、ホテルが軒を並べる。ボウリング場やおもちゃの三館などがあり、その中の現代玩具博物館での工作教室をはじめガラス工房や陶芸窯元などの体験型の施設も点在する。毎年5月下旬頃から6月中旬頃まで徒歩で行ける大谷川にてホタルが舞い、10月中旬頃からは大山展望台より雲海を見ることもできる。冬の湯郷温泉は雪はほとんど降らない。料理は地元の山の幸に加え、瀬戸内海、日本海両方の海の幸が届けられる。公衆浴場は湯郷鷺温泉館や療養湯、足湯、市営露

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

岡山県美作市湯郷

アクセス

  • でお越しの方

    美作ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    林野駅から徒歩約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら