• このページをシェア

どうご道後温泉

「坊っちゃん」も称えた3000年の歴史を誇る名湯

朝6時、「刻太鼓」の音で道後の1日が始まる。明治27年改築の大屋根入母屋造り木造3階建ての堂々たる姿で、温泉街の中心に構える「道後温泉本館」。その一番上に据えられた「振鷺閣」から1日に3回打ち鳴らされる「刻太鼓」が、今も道後の時を刻む。 日本三大連立式平山城の1つ「松山城」の北東に湧く道後温泉は夏目漱石、正岡子規をはじめとする“明治文学ゆかりの地”。町のあちこちに句碑が建てられ、漱石の「坊っちゃん」の舞台としてはあまりにも有名。 「坊っちゃん列車」で訪れ、「道後温泉本館」のお湯に浸かり、湯上りに「坊っちゃん団子」をほおばる。漱石がトリコになった道後の風景が、当時と同じように出迎えてくれる。

道後温泉の宿一覧(12件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、関節痛、疲労、胃腸病、冷え性

3000年の歴史を誇る天下の名湯。足に傷を負った1羽の白鷺が傷を癒しているのを見て発見されたという「白鷺伝説」が残る。「日本書紀」「万葉集」「源氏物語」にも記載が残る日本最古の温泉で、聖徳太子から正岡子規、夏目漱石にいたるまで多くの文人墨客が訪れた。全部で29本の源泉があり、そのうち18本が現在も稼動。泉温は20~55℃で、湧出量は平均1日2000t。それを4つの分湯場でまとめ、共同浴場や周辺の宿へ配湯している。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

愛媛県松山市道後湯之町

アクセス

  • でお越しの方

    松山ICから車で約21分

  • 電車でお越しの方

    道後温泉駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら