• このページをシェア

にぶかわ鈍川温泉

「伊予の仙境」に湧き出る美人の湯

奥道後玉川国立自然公園の楢原山(標高1041m)を背景に、大自然が創造した美しさを体感できる温泉地。鈍川渓谷を挟むように、6軒の温泉宿と立ち寄り湯「鈍川せせらぎ交流館」がひっそりと佇み、風情ある山峡のいで湯の雰囲気を醸し出している。 清らかなせせらぎの音と野鳥のさえずりが響き渡る、通称「伊予の仙境」。周囲をピンク色に染める春の桜、日に日に緑深まる夏、そして燃えるような紅葉の秋と、四季を通して手付かずの自然が織りなす絶景を楽しめる。 また、土地のグルメは山間らしいキジやイノブタを使った季節限定の鍋料理や山菜料理をはじめ、瀬戸内海で獲れた新鮮な魚介類も豊富に揃う。のどかに流れる空気と鈍川。疲れた心身を優しく迎える空間に身を任せ、癒しの時間を満喫したい。

鈍川温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、痔疾など

奈良時代に発見され、藩政時代には今治藩の湯治場として賑わいを見せた歴史ある温泉。鈍川渓谷付近の源泉より湧き出る湯は、ラドン含有量の多い泉質が特徴。湯上りに肌がスベスベになることから「美人の湯」として親しまれ、少々ぬめりのある肌触りが人気だ。町営の立ち寄り湯「鈍川せせらぎ交流館」は気軽に通えると評判。露天風呂では、鈍川渓谷の響き渡るせせらぎの音に包まれて、心も身体も癒されていくのを確かに感じる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

愛媛県今治市玉川町鈍川

アクセス

  • でお越しの方

    今治ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    今治駅からタクシーで約20分またはバスで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら