• このページをシェア

はわいはわい温泉

湖底から湧き出る温泉と梨と砂浜の町

鳥取県中部、大粒の大和シジミ生息地で知られる東郷湖西岸に位置する水郷の温泉地。「湯梨浜町」という町の名は、「東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ二十世紀梨、そして日本海に広がる白い砂浜」という地域の特色から付けられたとか。 周辺の平野部では、県特産・二十世紀梨の他にもイチゴ、メロン、ぶどうなどの果物栽培が盛んに行われ、北に行けば真っ白な砂浜と真っ青な日本海が姿を見せる。目の前に広がる東郷湖畔では桜や紅葉など四季折々の景観を楽しめ、無料レンタサイクルを利用して湖畔散策してみるのもオススメ。 対岸にある東郷温泉の灯りが湖面を彩り始める頃、暮れ行く空と浮かび上がる街のきらめきが旅の夜を艶やかに演出。

はわい温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 リウマチ、皮膚病

東郷湖の底から湯が湧いているのが発見されたのが1843年。その後、湖に船を浮かべ湖底から湧き出る温泉を樽に汲み上げて入浴したのが始まりとか。この“湯船”こそ明治時代に姿を消したが、湖畔に設けられた湯船に浸かれば、対岸の東郷温泉がまるで湖の上に浮かんでいるかのように見え、何とも幻想的な光景が目の前に広がる。はわい海水浴場近くには、旧「羽合(はわい)町」が姉妹都市提携を結んだハワイをイメージしたという南国ムード満点の日帰り入浴施設「ハワイゆ~たうん」。また、「弁財天の湯」など4カ所の足湯めぐりも一緒に楽しみた

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

鳥取県東伯郡湯梨浜町

アクセス

  • でお越しの方

    湯原ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    倉吉駅から車で約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら