こんぴら温泉郷(こんぴらおんせんきょう)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

金刀比羅宮のイメージ画像  

金刀比羅宮

町のシンボル・こんぴらさん

古くから海の神様、航海の守り神として信仰を集め親しまれてきた、通称「さぬきのこんぴらさん」。参道に連なる1,368段(御本宮まで785段)の石段が有名で、境内には小林一茶、北原白秋など琴平を訪れた俳人・歌人の句碑や歌碑が多数ある。また、丸山応挙の障壁画「遊虎図」などを収蔵した御書院など、文化的な見どころも多い。

 
  • 住所:仲多度郡琴平町892-1
  • TEL:0877-75-2121
  • 駐車場:なし
  • 入場料:なし(博物館は各500円)

旧金毘羅大芝居のイメージ画像  

旧金毘羅大芝居

江戸の娯楽を今に伝える芝居小屋

天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。枠で仕切られた桟敷や枡席、廻り舞台やセリ、花道、奈落、などが江戸時代の当時そのままに残されている。昭和45年には国の重要文化財にも指定された。昭和60年から毎年春に人気役者を招いて行なわれている「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が有名。

 
  • 住所:仲多度郡琴平町1241
  • TEL:0877-73-3846
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人500円、子供200〜300円

金陵の郷のイメージ画像  

金陵の郷

酒造りの知識を深める酒蔵博物館

琴平の地酒で金刀比羅宮の御神酒になっている「金陵」の醸造元「西野金陵」が運営する酒の博物館。江戸時代に作られた貯蔵倉や仕込蔵を利用し、酒造の工程や歴史を、桶や樽など実際に使われていた道具類とともに展示紹介している。吟醸、本醸造、生酒の試飲も楽しめる(有料)。

 
  • 住所:仲多度郡琴平町623
  • TEL:0877-73-4133
  • 駐車場:なし
  • 入場料:大人310円、子供260円

海の科学館のイメージ画像  

海の科学館

海の神様のお膝元で海について知る

金刀比羅宮の表参道脇にある、海と船をテーマにした科学館。さまざまな展示物と映像を通して、人間と海、船とのかかわりを学ぶことができる。百石積みの弁財船や飯塚羚児の代表作版画「海王丸」など見どころ満載。屋上には、ラジコンで模型船を操船できるコーナーや、船の操縦席を再現した動くブリッジがある。

 
  • 住所:仲多度郡琴平町953
  • TEL:0877-73-3748
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人450円、子供250円〜350円

中野うどん学校のイメージ画像  

中野うどん学校

讃岐うどん作りに挑戦!

讃岐名物のうどん作りを職人さん指導のもと体験できる。粉と水の配分や生地の寝かせ方についてレクチャーを受けたら、さっそく麺作りに挑戦。生地を打って延ばし、包丁で切りそろえて釜ゆでしたら、試食。参加者には材料、作り方などを記した秘伝帳、麺棒、卒業証書が贈られる。所要時間は約1時間。2人以上で要予約。

 
  • 住所:仲多度郡琴平町796
  • TEL:0877-75-0001
  • 駐車場:あり
  • 入場料:1,500円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。