• このページをシェア

ようろう養老温泉

濃尾平野、孝子伝説の残る温泉地

岐阜県西南部、養老町。養老の滝にまつわる孝子伝説で知られる土地である。滝の水が美酒になったという憔の話を聞いた時の帝は、この水を「老いを養う若返りの水」と讃え西暦717年、年号を「霊亀」から「養老」に 改元したといわれている。 観光地としても有名な落差32m、幅4m養老の滝は環境省の「名水百選」にも選ばれている。そんな養老の滝の程近くに湧く温泉。のどかな温泉地で、東海圏だけでなく関西圏からも好アクセス 。 豊かな自然や、濃尾平野の昼夜異なる景色を一望できることが養老温泉の魅力。近くには、養老の滝だけでなく養老公園もあり、四季折々の自然美も楽しめる。美しい自然に囲まれ、都会の喧騒から離れ、何もしない贅沢な時間を過ごせる地だ。

養老温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病、痔疾など

地下約1700mから湧き出る40.5℃の温泉。微かに褐色を帯びた濁りがみられ、無臭。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

岐阜県養老郡養老町

アクセス

  • でお越しの方

    大垣ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    美濃高田駅から徒歩約20分またはタクシーで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら