• このページをシェア

ながはまたいこう長浜太閤温泉

黒壁スクエアの町並みと秀吉ゆかりの「子宝の湯」

豊臣秀吉公が初めて城を構えた長浜城跡地に湧く温泉地。泉質は総鉄イオンを含み、湯冷めしにくいのが特徴。効能としては、神経痛やリウマチ、婦人病(不妊症)などがある。秀吉公が長浜城に移って初めて待望の男子が誕生した事から、「子宝の湯」として、子宝祈願に訪れる観光客も多い。 周辺には桜の名所100選であり、琵琶湖に沈む夕陽が美しい人気スポットでもある豊公園が広がる。 また、JR長浜駅からは徒歩約10分、滋賀県屈指の観光地であり独自のガラス文化を展開する黒壁スクエアへは徒歩約15分、びわ湖クルーズが楽しめる長浜港へは徒歩約5分と主要な観光地へのアクセスも良好で、長浜観光を一日満喫することができる。

長浜太閤温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 含鉄泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病

豊臣秀吉の出世城で知られる長浜城跡から湧く温泉。総鉄イオンを含み、茶渇色で湯冷めしにくいのが特徴。秀吉が長浜城に移って、初めて待望の初子が誕生したことから“子宝の湯”と呼ばれるようになったという。今でも、子宝祈願で訪れる人が多いとか。目の前に広がる琵琶湖の美しい景色を一望する湯船に浸かりながら、太閤の時代に想いを馳せてみるのもオツなもの。心地よい湯のぬくもりと秀吉も眺めた琵琶湖の眺望に、心はいつしか桃山時代へと誘われる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

滋賀県長浜市公園町

アクセス

  • でお越しの方

    長浜ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    長浜駅から徒歩約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら