• このページをシェア

いぶすき指宿温泉

波打ち際に並ぶ名物・砂むし温泉で極楽気分

「しら波の下に熱砂の隠さるる 不思議に逢へり指宿に来て」。与謝野晶子も入った砂むし温泉がずらりと並ぶは摺ケ浜。海岸に向かって地下を流れ出る温泉で温められた砂を利用する名物・天然砂むし温泉だ。 約80℃の高温泉のため、潮が引いていく時に立ち上る湯煙は幻想的。専用浴衣1枚羽織って、波打ち際で潮の香りとともに味わう砂むしは、まさに極楽。 また、錦江湾沿いに立ち並ぶホテルでも温泉で洗った砂を使った砂むし温泉を楽しめる。2011年3月には九州新幹線が全線開通し、ぐっと近くなる薩摩半島南端に広がる温泉地。

指宿温泉の宿一覧(8件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 塩化物泉
効能 神経痛、関節痛、疲労、婦人病、胃腸病、冷え性など

市内のいたるところに湧く源泉は、実に800本前後。1日約12万tの豊富な湯量を誇り、名物の砂蒸し風呂はあふれ出る温泉が温めた砂を利用している(天然砂蒸し風呂は、潮位や天候によって利用できません)。古くは「湯豊宿(ゆぶじゅく)」と呼ばれ、約150年前に編纂された「三国名勝図会」にも砂蒸し風呂や共同浴場「弥次ケ湯」が登場。美しい錦江湾と明峰・開聞岳が、今も昔も湯客を出迎えてくれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

鹿児島県指宿市

アクセス

  • でお越しの方

    谷山ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    指宿駅から徒歩約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら