• このページをシェア

いむた藺牟田温泉

ラムサール条約に守られる地で癒しの湯浴み

薩摩半島の北西部に位置する薩摩川内市は、東シナ海に面した海岸線や市街地を流れる川内川、藺牟田池などを擁する水の恵みが豊かな地域。 川内川の上流にある藺牟田池は火口湖であり、周囲約3.3㎞、最大水深3.5m、平均水深0.8mと浅い湖。 湖西側の一帯には泥炭層が堆積した湿原が広がり、ラムサール条約に登録されている。「泥炭形成植物群落」は南方地方には珍しいことから国の天然記念物にも指定されており、時間に追われて生きる現代の湯治客を豊かな自然が包み込み癒してくれる。

藺牟田温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性

pH7.9 弱アルカリ性、無色透明、無臭。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田

アクセス

  • でお越しの方

    横川ICから車で約40分または姶良ICから車で約25分

  • 電車でお越しの方

    川内駅から車で約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら